「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」 News!


“照れ笑い”めぐみん
アタック時の1面パワーパンプと、相殺テキストを持っています。

アタック時に他のキャラ1枚のパワーを他の《冒険者》《魔法》のキャラ1枚につき、500ずつ、最大で2000伸ばすことができます。
盤面参照ではありますが、強力なパワーパンプが可能になっています。

レベル2以下の相手キャラをパワーに関わらずリバースさせることができる相殺テキストも使い勝手がよいですね。

“紅魔の里で観光を!”めぐみん

登場時の3ルックテキストを持っています。

登場時に手札の《冒険者》《魔法》キャラを1枚クロックに置くことで、山札を上から3枚見て好きなカードを1枚手札に加えることができます。
キャラはもちろん、イベントやクライマックスを探すことができ、ストック消費もないデザインになっています。


“大切な仲間”めぐみん
盤面条件を満たしていないとスタンドできないデメリットと、登場時のトップ操作テキストを持っています。

他に《冒険者》《魔法》キャラがいなければ、スタンドフェイズにスタンドすることができません。
効果自体は重いデメリットですが、後列を含めてキャラが1枚でも残っていれば回避できるテキストです。

登場時には山札の上から1枚を確認し、そのままにするか控え室に置くかを選ぶことができます。
トップチェックや『集中』のサポート、トリガー操作が行えるテキストです。


“援護射撃”ゆいゆい
相手のキャラ1枚をレストさせるテキストのついた『助太刀』です。

使用時に追加コストを払うことで、相手のキャラを1枚レストすることができます。
コストは重いものの、アタックする前のキャラをレストさせることで相手のアタック回数自体を減らすことができる強力なテキストですね。


めぐみん&こめっこ
自ターン中の自身パンプと、登場時にトップチェックを介した1面パワーパンプを持っています。

自分のターン中は、パワー2500になります。
高いパワーではないものの、少しでもパワーを伸ばせるのは使い勝手がよいですね。

登場時に山札の上から1枚を公開し、《冒険者》《魔法》のキャラが出れば、キャラ1枚のパワーを2000伸ばすことができます。
運は絡むものの、強力なパワーパンプを行うことが可能になっています。


ひょいざぶろー&ゆいゆい
前列中央キャラへのパワーパンプと、控え室回収の起動能力を持っています。

前列の中央にいるキャラのパワーを500伸ばすことができます。
対象は限られるものの、安定してパワーを伸ばし続けることが可能です。

起動能力は2コストと自己レストで控え室から「めぐみん」か「こめっこ」ネームのキャラを回収するものです。
ストック消費は嵩むものの、手札を増やすことができるテキストですね。



“追い詰める”シルビア
正面キャラの枠移動を封じるテキストと、登場ターン中のパワーパンプを持っています。このカードの正面のキャラは他の枠に動かすことができません。
移動テキスト対策など、相手の戦略を妨害できるテキストです。

舞台に登場したターン中は、パワー3500になります。
一時的とはいえ、パワーを発揮することができるようになっています。

“余裕の撤退”シルビア
控え室回収ができなくなるデメリットと、移動テキストを持っています。

アタックフェイズ中は控え室からキャラを回収することができません。
カムバックアイコンや一部のCXコンボなどは採用出来なくなってしまいますが、素のパワーが高くなっていますね。

中央の枠にこのカードがいれば、相手のアタック前に他の枠に移動することができます。
事前に前列中央の枠に展開する必要はあるものの、枠移動によって相手キャラにリバースさせられにくくなっています。


“燃やし尽くす”シルビア
前列中央キャラへのテキスト付与と全体パワーパンプに加えて、起動能力のパワーパンプを持っています。

前列の中央のキャラに相手の効果に選ばれないというテキストを付与します。
相手の効果の対象にされないことで、除去テキストやカウンターイベント対策を行うことができます。

更に舞台全体の《魔王軍》か「カズマ」ネームキャラのパワーを1000伸ばすことができます。
舞台全体のパワーラインを向上させることが可能になっていますね。

起動能力は1コスト手札1枚でキャラ1枚のパワーを相手ターン中まで2500伸ばすというものです。
リソース消費は大きいですが、その分強力なパワーパンプを行うことができます。


“鋭い眼光”シルビア
アタック時のパワーパンプを持っています。

他の《魔王軍》か「カズマ」ネームのキャラ1枚につきパワーを1000ずつ伸ばすものですね。
アタック時のみとはいえパワーを11500まで伸ばすことができ、強力なアタッカーとして活躍できます。



“対『魔術師殺し』”ウィズ
登場時の山札操作と、アタック時の自身パンプを持っています。登場時に山札の上から1枚を見て、そのままにするか控え室に置くことができます。
トップチェックや『集中』、アタック順の決定のサポートが可能ですね。アタック時のパワーパンプは他の《冒険者》《魔法》キャラ1枚につきパワーを500ずつ伸ばすものです。
最大でパワーを6500までのばすことができ、ある程度のアタッカーとして活躍できます。


“いざという時のために”めぐみん
早出しメタテキストのついた『助太刀』です。

『助太刀』の使用時に手札から「“最強の魔法使い”めぐみん」を捨て、舞台のキャラを1枚控え室に置くことで相手の早出しキャラを処理できます。
特定キャラは必要になるものの、リソース消費は少なくなっています。


“久しぶりの再会”ウィズ
レベル比例の『応援』と、クライマックスを回収するCXコンボを持っています。

『応援』は対象キャラのレベル1につき、パワー500を付与するものです。
高レベルのキャラをキョルヨクに支援できるテキストです。

2コストと手札1枚で、控え室から「合わせた掌」1枚を手札に戻すことができます。
CXコンボを強力に支援できるようになっています。


“無茶苦茶な要求”めぐみん
リバース時に手札に戻れる可能性があるテキストと、レベル1相殺テキストを持っています。

リバース時に山札を5枚削り、同名のカードが控え室に落ちれば、このカードを手札に戻すことができます。
運は絡み、不用意に山札を削ってしまう可能性はあるものの、手札の消耗を防ぐことができます。

相殺テキストでパワーに関わらず相手のレベル1キャラを処理することが可能です。
リバースする機会が多いため手札に戻すテキストも有効活用できますね。


“パーティメンバー?”ゆんゆん
相手の高レベルキャラにフロントアタックできないデメリットと、相手のレベル0のキャラを直接控え室に落とすことができる登場時テキストを持っています。

自身よりレベルの高いキャラにフロントアタックすることはできません。
レベルパンプなどを介さなければレベル2以上のキャラにはサイドアタックを行う必要はありますが、素のパワーは高くなっていますね。

登場時に山札の1番上のカードを公開し、レベル0のカードが出れば相手前列の0コストキャラ1枚を控え室に置くことができます。
運は大きく絡みますが、相手のキャラを処理できるテキストです。


“溢れる魔力”ゆんゆん
登場時の盤面条件自身パンプと、登場時の控え室回収テキストを持っています。

登場時に他の《冒険者》《魔法》のキャラ1枚につき、自身のパワーを1000伸ばすことができます。
登場ターンのみとはいえ最大で自身のパワーを11000まで伸ばすことが可能ですね。

同時に手札の「“最強の魔法使い”めぐみん」を1枚捨てることで、控え室からキャラを1枚手札に加えることができます。
特定キャラは必要になるものの、ストックなどを消費せずに控え室にアクセスすることが可能です。



“大切な仲間”カズマ
登場時のレベル置場入れ替えと、他のキャラがアタックした時の自身パンプを持っていいます。登場時にキャラ2枚をレストすることで、レベル置場と控え室のカードを1枚入れ替えることができます。
『経験』や色発生のサポートを行うことができるテキストです。他の《冒険者》《魔法》キャラのアタック時に、自身のパワーを1500伸ばすことができます。
3回目にアタックすることで確実にパワーを7000まで伸ばすことができる使い勝手のよいテキストですね。
“呆気にとられる”ダクネス
登場時のトップ操作とパワーパンプテキストを持っています。

登場時に山札を上から2枚見て、好きな順番に並び替えることができます。
トップチェックテキストのサポートや、トリガー操作を行えるテキストです。

同時にキャラ1枚のパワーを1500伸ばすことが可能です。
パワーの欲しいキャラを的確に支援できるテキストですね。


“見通す悪魔”バニル
アタック時とリバース時のトップ操作を持っています。

山札を上から2枚見て、1枚を山札の上に、残りを控え室に置くものです。
アタック時にはトリガー操作、リバース時にはキャンセル率の向上や他のキャラのトリガー操作などを可能にするテキストです。


“唯一の取り柄”ダクネス
相手の0コストキャラにリバースさせられないテキストと、1コストの復帰テキストを持っています。

バトル相手が0コストのキャラなら、リバースせずに戦うことができます。
パワーで負けていてもリバースさせられないことで、部隊に残り続けることが可能ですね。

リバースさせられても前列のキャラが全滅していれば1コストで部隊に残ることができます。
『アンコール』に比べて軽いコストが強みです。


“魔力充填中”ウィズ
登場時に山札からキャラを登場させるテキストを持っています。

1コストクロック1枚で山札からコスト0のキャラを直接舞台に出すことができます。
『集中』などのシステムキャラはもちろん、アタッカーなどを手札を消費せずに舞台に登場させることが可能ですね。


“激しい交戦”ウィズ
登場時の自身パンプと、クライマックスをイベントやキャラに変換できる起動能力を持っています。

登場ターン中はパワーを6000まで伸ばすことができます。
確実にパワーを発揮することが可能です。

クライマックスを1枚捨てることで、パワーを1500伸ばすとともにアタック時に山札の上から2枚のうちから相手が選んだ1枚を手札に加えることができるというテキストを獲得できます。
不要なクライマックスを処理しつつ、手札を補充できるようになっています。
登場時テキストとは違い、複数枚のクライマックスを処理することも可能になっていますね。


“凍てつく魔法”ウィズ
マーカー条件の自身パンプを持っています。

登場時に山札を1枚公開し、《冒険者》《魔法》キャラならマーカーにすることができます。
マーカーを持っていればレベル1パワー3500になり、パワーはもちろん、レベルパンプで相殺テキストの効かないアタッカーとして活躍することが可能になっていますね。




“とっておきの口上”ゆんゆん
盤面条件の早出しテキストに加えて、手札を一気に増やすことができるCXコンボを持っています。《冒険者》《魔法》のキャラが4枚以上ならレベル1段階から登場できます。
複数展開は難しいものの、レベル1段階からCXコンボを使うことができ、リバースも取りやすいですね。CXコンボはバトル相手のリバースに対応クライマックスを控え室に置くことで、山札を上から4枚見て《冒険者》《魔法》のキャラを4枚まで手札に加えることができるものです。
複数面での連動は不可能になっているものの、一気に手札を稼ぐことが可能になっていますね。
対応クライマックスはストックブーストの「轟く雷鳴」です。
“譲れぬライバル魂”めぐみん
自ターン中のパワーパンプを持っています。素のパワーは3500ですが、自ターン中はパワーを7500まで伸ばすことができます。
相手ターン中のパワーは低いもの、自ターン中は強力なアタッカーとして活躍することが可能です。
“決死の告白”ゆんゆん
アタック時の自身パンプと、『アンコール』を持っています。

アタック時に《冒険者》《魔法》のキャラが2枚以上なら、パワーを2000伸ばすことができます。
簡単な条件でパワーを6500まで伸ばすことが可能ですね。

相手ターン中はパワーを伸ばせないものの、『アンコール』で舞台に残りやすくなっています。


“崖の上の対峙”ゆんゆん
使用時に山札を削ることができる『助太刀』です。

レベル1コスト1、パワー2000付与の『助太刀』の使用時に山札を3枚削ることができます。
山札の状況にも左右されるものの。山札を削ることで防御札のような使い方が可能です。


轟く雷鳴
ストックブーストのクライマックスです。

「“とっておきの口上”ゆんゆん」の対応クライマックスですね。



“ド直球の告白”カズマ
クライマックスフェイズ始めのパワーパンプと、4ルックの起動能力を持っています。クライマックスフェイズに、《魔王軍》か「カズマ」ネームのキャラ1枚のパワーを500伸ばすことができます。
パワーの必要な面を確実に支援することが可能です。1コストとこのカードを「シルビア」ネームのマーカーにすることで、4ルックを行うことができます。
山を削りつつキャラを探すとともに、「シルビア」ネームキャラのマーカー参照テキストのサポートを行うことが可能ですね。
上上下下左右左右ホホホイホホイホイ!
3つの効果を選べるイベントです。1つめはシンプルな控え室回収です。
必要なキャラを控え室から手札に加えることができます。2つめは相手前列キャラのバウンスですね。
舞台からキャラを除外することで、厄介なテキスト対策や、マーカーをすべて控え室に送ることが可能になっています。3つめは相手の思い出が5枚以上なら、その思い出置場のキャラすべてを控え室に置くというものです。
相手の思い出を崩すことができ、思い出圧縮対策が可能ですね。
“合成と改造の果て”シルビア
登場時のマーカー獲得とマーカー参照の自身パンプ、手札を増やすCXコンボを持っています。

登場時に山札の上から2枚を見て、《魔王軍》か「カズマ」ネームのキャラを2枚までマーカーにすることができます。
マーカー1枚につき自身のパワーを伸ばすことができるので、簡単にパワー6000になるほか、他のマーカー獲得テキストで更にパワーを伸ばすことが可能になっていますね。

CXコンボはバトル相手リバース時に1コストと対応クライマックスを舞台から控え室に置くことで、山札から《魔王軍》か「カズマ」ネームのキャラを2枚手札に加えることができます。
複数面での連動はできないものの、一気に手札を稼ぐことが可能ですね。


“女心と男心”シルビア
登場時の1ドロー1ディスと手札の増える『集中』を持っています。

舞台への登場時に《魔王軍》キャラか「カズマ」ネームのキャラが既に2枚以上なら、1ドロー1ディスが可能です。
手軽に手札の質を上げることが可能です。

『集中』は単レストで山札サーチを行うものです。
対象は《魔王軍》か「カズマ」ネームのキャラですね。

“魔王軍幹部”シルビア
登場時の特定イベント回収と、アタック時の1面パワーパンプを持っています。

登場時に手札を1枚捨てることで控え室から「魔王軍襲来!」を1枚手札に加えることができます。
イベントを確実に手札に加えることができるのは使い勝手がよいですね。

アタック時に《魔王軍》か「カズマ」ネームのキャラ1枚のパワーを、他の《魔王軍》か「カズマ」ネームのキャラ1枚につき500ずつ、最大で2000伸ばすことができます。
舞台の状況にもよりますが、強力なパワーパンプが可能になっていますね。

あててんのよ!
ストックブーストのクライマックスです。

「“合成と改造の果て”シルビア」の対応クライマックスですね。


“浴衣美人”ダクネス
登場時の山札削りと、クライマックス交換テキストを持っています。登場時に山札の上から3枚を控え室に置くことができます。
ただ山札を削るだけのテキストですが、控え室を肥やすような使い方が可能になっていますね。同時に1コストで手札と控え室のクライマックスを入れ替えることができます。
クライマックスを交換することで、CXコンボを強力にサポートすることが可能です。
“花火大会”カズマ
早出しメタのストック相殺を持っています。リバース時にバトル相手の早出しキャラをストックに送ることができます。
パワーなどに関わらず、相手の早出しキャラを処理することが可能ですね。
“浴衣美人”めぐみん
登場時の特定キャラサーチと、登場時のソウルパンプを持っています。登場時に手札のキャラを1枚クロックに置くことで、山札から「“激しい勘違い”ゆんゆん」を2枚手札に加えることができます。
クロックコストはかかりますが、特定のキャラを一気に2枚手札に加えることが可能になっています。登場時に控え室からキャラを2枚山札に戻すことで、キャラ1枚のソウルを1伸ばすことができます。
山札にキャラを戻してしまうものの、ダメージ調整を行うことが可能ですね。


“浴衣美人”ゆんゆん
全体パワーパンプと、登場時のクロック入れ替えを持っています。

《冒険者》《魔法》キャラすべてのパワーを1000伸ばすことができます。
盤面全体を強力に支援することが可能になっています。

登場時にクロックの1枚目と控え室のキャラを交換することができます。
色発生や、『経験』、レベル置場参照テキストのサポートを行うことが可能です。


“浴衣美人”アクア
『応援』と、パワーパンプの起動能力を持っています。

『応援』で前列キャラの支援が可能ですね。

キャラ2枚をレストすることで、キャラ1枚のパワーを2000伸ばすことができます。
レストコストのみで、強力なパワーパンプが可能になっています。



“求めていた楽園”カズマ
自身を舞台のキャラのマーカーにする追加テキストを持った『助太刀』です。レベル1コスト1、パワー1500の『助太刀』の使用時に、このカードを「シルビア」ネームのキャラ1枚のマーカーにすることができます。
マーカー圧縮や、「“『魔術師殺し』との合成”シルビア」などのマーカー参照テキストを持つキャラのサポートが可能ですね。

“『魔術師殺し』との合成”シルビア
マーカー参照で自身のパワーを伸ばすテキストと、再スタンドをおこなうCXコンボを持っています。自身のパワーを3000伸ばし、更にマーカー1枚につき500ずつパワーを伸ばします。
安定してパワー13000を発揮することができるのに加えて、更にマーカーでパワーを伸ばします。CXコンボはアタック後に《魔王軍》か「カズマ」ネームのキャラで舞台が埋まっていれば、手札2枚と対応クライマックスを控え室に送ることでスタンドし、再びアタックすることができるものです。
盤面条件を満たす必要があり、複数面での連動も不可能になっていますが、軽いコスト、リバースなどを必要としない再スタンドは使い勝手がよいですね。

“たわわな誘惑”シルビア
盤面条件の早出しとクロック回復、控え室から「“『魔術師殺し』との合成”シルビア」を登場させるリバース時テキストを持っています。《魔王軍》か「カズマ」ネームのキャラが4枚以上なら、早出しが可能になっています。
複数展開は難しいものの、簡単な条件でレベル2段階から登場できますね。クロック回復テキストは言わずもがな便利なテキストです。リバース時に2コスト手札1枚と《魔王軍》キャラ2枚をマーカーすることで、控え室から「“『魔術師殺し』との合成”シルビア」を登場させてこのカードとマーカーをそのカードのマーカーにすることができます。
リバース時にキャラを登場させるということで半ば『アンコール』のような使い方ができ、再スタンドのCXコンボを持つキャラにアクセスすることが可能です。
マーカーを十分に溜めた状態で舞台に「“『魔術師殺し』との合成”シルビア」を登場させることができるのも便利ですね。
魔王軍襲来!
山札サーチを行うイベントです。《魔王軍》か「カズマ」キャラ1枚をレストする必要はあるものの、キャラのサーチとともにキャラ1枚のパワーを3000伸ばすことができます。
必要なキャラを探しつつ、キャラを強力に支援できるのは使い勝手がよいですね。


紅魔の里侵略
ゲートアイコンのクライマックスです。

「“『魔術師殺し』との合成”シルビア」の対応クライマックスですね。



“爆裂魔法への思い”めぐみん
自ターン中のパワーパンプと、2つのテキストを獲得するCXコンボを持っています。自分のターン中はパワー5500になります。
条件などはなく、確実にパワーを発揮することが可能になっていますね。CXコンボはトリガーチェックを2回行うテキストと、フロントアタックされたときに手札に戻ることができるテキストを獲得するものです。
アタック時に1コストでトリガーチェックを2回行うことができます。
トリガーチェックの回数を増やすことでダメージ調整やクライマックスのトリガーを狙うことができるほか、ストックの調整も可能です。
更に次のターンにフロントアタックされた際に手札に戻ることができ、リバースさせられないことでリソースの消耗を防ぐことができるようになっています。
対応クライマックスはカムバックアイコンの「からかい」ですね。
“優しく見守る”ゆんゆん
『応援』と手札交換を行う『集中』を持っています。『応援』はシンプルな500パンプのものですね。
安定して前列のキャラを支援することが可能になっています。『集中』はクライマックス1枚につき、控え室のキャラを1枚回収して手札を1枚捨てるものです。
手札の枚数を増やすことはできませんが、手札の質を上げることができ、1ターンに複数回使うことで枚数調整も可能になっていますね。
“恥じらい”ゆんゆん
疑似リフレッシュを行う登場時テキストを持っています。登場時に手札の「“最強の魔法使い”めぐみん」を1枚控え室に置くことで、控え室のカードすべてを山札に戻すことができます。
擬似的にリフレッシュを行うことが可能で、リフレッシュポイントの軽減や山札の管理を行うことが可能になっていますね。

からかい
カムバックアイコンのクライマックスです。「“爆裂魔法への思い”めぐみん」の対応クライマックスですね。



“紅魔の里へ!”アクア
盤面参照のパワーパンプと登場時のクロック回復テキストに加えて、バーンを行うCXコンボを持っています。他の《冒険者》《女神》のキャラ1枚につきパワーを500ずつ伸ばすことができます。
最大でパワー11000になることができ、舞台を埋めることで相手ターン中も安定してパワーを発揮することができますね。クロック回復は言わずもがな便利なテキストです。CXコンボはアタック時に1コストで相手の山札の下から2枚を控え室に置き、その中にクライマックスがなければ1ダメージを2回与えることができます。
相手の山札依存ということになってしまいますが、細かくダメージを刻むことができるテキストになっていますね。
対応クライマックスは門アイコンの「女神の加護」です。
“威嚇ポーズ”アクア
レベル3以上のキャラへの強力な『応援』と、テキスト付与の起動能力を持っています。『応援』はレベル3以上のキャラのパワーを2000伸ばすものです。
パワーを伸ばせるキャラが限られている分、強力なパワーパンプを行うことが可能ですね。自身レストで、リバースしたバトル相手を山札の下におくることができるテキストを付与することができます。
舞台からキャラを消すことで、『アンコール』やキャンセル時のトップ操作テキストなど厄介なテキストの妨害はもちろん、盤面参照のパワーパンプテキストを持つキャラのパワーを下げるような使い方が可能になっていますね。

女神の加護
門アイコンのクライマックスです。「“紅魔の里へ!”アクア」の対応クライマックスですね。



“スコープセット!”カズマ
登場時の特定イベント回収を持っています。手札を1枚捨てることで、控え室から「禁じられた武器」を回収できます。
基本的にはドローでしか手札に加えることができないイベントを確実に回収できるのは便利ですね。
“もぐもぐ”こめっこ
イベントのストック消費をマーカーによって軽減でき、相手キャラをリバースした時のパワーパンプを持っています。登場時に自己レストでマーカーを獲得し、自分がイベントを使うときにマーカー1枚をストック1枚のかわりに控え室に置くことができます。
マーカーの獲得にはレストが必要ですが、ストック消費を軽減できるのは使い勝手がいいですね、自分のキャラが相手のキャラを倒したとき、自身のキャラ1枚のパワーを1000伸ばすことができます。
キャラを1枚倒すことで、他のキャラもバトル相手をリバースさせやすくなります。
“お出迎え”こめっこ
相手の控え室のカードを山札に戻すCXコンボを持っています。アタック時に相手の控え室のカードを3枚まで山札に戻すことができます。
クライマックス以外のカードを山札に戻すことで、キャンセルの期待値を下げることが可能ですね。
対応クライマックスはソウル+2の「ただいまとおかえり」です。
“魔性の妹”こめっこ
相手がコストを払うことでフロントアタックできなくなるデメリットを持っています。素のパワーが4000ありますが、相手がクライマックスフェイズの始めに2コスト払うことでフロントアタックすることができなくなります。
サイドアタックを強制されることで大きくダメージを減らしてしまう可能性があります。
禁じられた武器
思い出経由で相手にダメージを与えるイベントです。使用時に思い出に置き、相手のターンの終わりに2コストとこのカードを控え室に置くことで、相手の控え室のカードを2枚山札の上に置いたうえで5ダメージを飛ばします。
アタックなどに左右されずにダメージを稼ぐことができ、トップ盛りによってキャンセルの期待値をさげることができるようになっています。
思い出からバーンを飛ばす際の2コストを手札から「“お出迎え”こめっこ」を控え室に置くことで軽減できるのも使い勝手がよいですね。「“スコープセット!”カズマ」で回収することができますね。


ただいまとおかえり
ソウル+2のクライマックスです。

「“お出迎え”こめっこ」の対応クライマックスですね。



“紅魔の里で観光を!”ダクネス
登場時の控え室回収と相手ターン中の自身パンプを持っています。登場時にクライマックスを1枚捨てることで、控え室から《魔法》《冒険者》のキャラ1枚を手札に戻すことができます。
クライマックスは必要になりますが、ストックなどを消費せずに控え室のキャラにアクセスすることが可能です。相手ターン中、舞台のキャラがすべて《冒険者》《魔法》なら、レベル1パワー3000になります。
パワーを伸ばすとともに、レベルを伸ばすことで相殺テキスト対策も可能になっていますね。
“力強い主張”カズマ
相手のキャラ1枚の枠移動を封じるテキストを持っています。登場時に相手のキャラを1枚選ぶことで、そのキャラは次の相手ターン中の終わりまで他のキャラに移動させることができなくなります。
枠移動を封じることで、高パワーキャラをフロントアタックさせずにキャラを守るほか、電源で後列に登場したキャラのロック、移動テキストによるキャラの温存を妨害できますね。“思わせぶりな”めぐみん
手札交換とパワーパンプを行うCXコンボを持っています。自己レストで1ドロー1ディスが可能です。
手札の質を上げることができ、クライマックスなどを引き込む可能性や不要なカードを控え室に落とすことができるようになっています。同様に自己レストで、《冒険者》《魔法》キャラ1枚のパワーを3000伸ばすことができます。
1ターンにはどちらか一方しか使うことはできませんが、手札の質を上げるか強力なパワーパンプどちらも使い勝手のよいテキストですね。
“紅魔の里で観光を!”アクア
登場時の1面パンプと、トリガーチェックを2回行うテキストを持っています。登場時にキャラ1枚のパワーを1500伸ばすことができます。
自身も含めたキャラ1枚のパワーを的確に伸ばすことが可能になっています。アタック時に1コストでトリガーチェックを2回行うことができます。
ストックの枚数自体は変わりませんが、トリガーチェックの回数を増やすことでトリガーの効果を得られやすくなるほか、直前にトリガーしたクライマックスなどをすぐに控え室に落とすことが可能になっていますね。



“持ち堪えるのは得意”ダクネス
自ターン中のパワーパンプと、退場時に山札からクライマックスを探すテキストを持っています。

自ターン中はパワー5500になります。
相手ターン中はパワーを伸ばせないものの、自ターン中は確実にパワーを発揮できます。

舞台から控え室に置かれたとき、山札の上から4枚を見てクライマックスを1枚手札に加えることができます。
確実にクライマックスを手札に加えることができるわけではないものの、クライマックスを探すことでダメージ面やCXコンボを強力にサポートすることが可能です。

“罵倒に震える”ダクネス
盤面参照のパワーパンプと、手札を増やすCXコンボを持っています。

他の《冒険者》《魔法》キャラ1枚につき、パワーを500伸ばすことができます。
舞台を埋めることでパワー6000になり、相手ターン中もパワーを伸ばすことが可能ですね。

CXコンボはアタック時に控え室か山札から「“激しい交戦”バニル」「“森で一休み”ダクネス」のどちらかを手札に加えることができます。
回収できるキャラが限定されている分、確実に手札を増やすことが可能になっています。
対応クライマックスはリターンアイコンの「オーク襲来!」ですね。

“立ち塞がる”ダクネス
使用時に追加コストを払うことで特定カードの回収が可能です。

レベル2コスト1、パワー2500付与の『助太刀』の使用時に、1コストで控え室から「ダスティネスヶの令嬢 ダクネス」を回収できます。レベル1コスト0、パワーを2000伸ばせる『助太刀』ですね。
『助太刀』を回収することでキャラを守ることに繋がりますね。


“唯一の取り柄”ダクネス
コスト0のキャラにリバースさせられないテキストと、1コストの復帰テキストを持っています。

コスト0のキャラがバトル相手ならリバースしません。
パワー負けはもちろん相殺などにも処理されず、相手のデッキ構成にもよりますが生き残り続けることでアドバンテージを稼ぐことができます。
『助太刀』などのリスクを避けつつ相手のコスト0キャラにアタックするような使い方も可能ですね。


オーク襲来!
リターンアイコンのクライマックスです。

“罵倒に震える”ダクネス」の対応クライマックスですね。



“お得意の名乗り”紅魔族
登場時のストブテキストと、相手アタック前の移動を持っています。

登場時に名乗りを上げ、更に相手が名乗りに応じれば、互いに山札からストックブーストを行うことができます。
相手の協力が必要になり、相手のリソースも増やしてしまいますが、ストックを稼ぐことが可能です。

最低限移動テキストで相手のキャラから逃げることが可能になっていますね。


“本日の爆裂魔法”めぐみん
登場時の特定クライマックス回収と手札とストックをすべて消費して相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。

登場時に「一日一爆裂魔法」を手札に加え、自身のパワーを1000伸ばすことができます。
強力にCXコンボをサポートでき、パワーを伸ばせるのも使い勝手がいいですね。

CXコンボはすべての手札とストック、対応クライマックスの「一日一爆裂魔法」を控え室に置き、8枚以上のカードが控え室に置かれれば、相手の前列のキャラをすべて控え室に置き、相手の山札をすべて削ってレベル置場の同名カード分のダメージを相手に与えるものです。
一旦手札とストックは0になってしまうものの、相手の前列キャラを一掃し、リフレッシュポイントで相手のクロックを確実に増やしつつ相手の山札を崩すことが可能です。
更にレベル置場参照のでバーンを行うことができるのも強力ですね。


一日一爆裂魔法
ストックブーストのクライマックスです。

「“本日の爆裂魔法”めぐみん」の対応クライマックスですね。



“紅魔の里へ!”カズマ
「“紅魔の里へ!”ダクネス」を手札から登場させるテキストと、同カードへの『絆』を持っています。レベル2以降で自身を控え室に置くことで、手札から「“紅魔の里へ!”ダクネス」を舞台に出すことができます。
自身は控え室に置かれてしまうものの、ストックを消費せずに2コストキャラを舞台に出すことが可能です。指定カードは『絆』で手札に加えることができますね。
“紅魔の里へ!”ダクネス
トリガーアイコンとソウルを持たない代わりに、パワーの高くなっているバニラキャラです。トリガーしてもソウルを伸ばせず、クライマックスなどのソウルパンプ抜きではダメージを与えることもできない代わりに素のパワーが12000になっています。「“紅魔の里へ!”カズマ」に指定されているカードですね。
“便利な転移魔法”ウィズ
登場時の控え室回収と、アタック時に相手の山札を削ってのバーンテキストを持っています。登場時に控え室からキャラを1枚手札に加えることができます。
控え室から欲しいキャラを確実に手札に加えることができ、他のアタッカーなどを拾うことが可能ですね。アタック時に3コストで相手の山札の下から4枚を控え室に置き、その中のクライマックスの枚数分のダメージを相手に与えます。
打点は不確定なものの、相手の山札圧縮を活かしてダメージを与えることができるようになっています。



“堂々のハッタリ”カズマ
コスト参照のクロック相殺と退場時の控え室回収テキストを持っています。リバース時にバトル相手のコストが0なら、ストックに飛ばすことができます。
パワーなどに関係なく相手のキャラを処理でき、『アンコール』などの妨害も可能ですね。舞台から控え室に置かれたときに、1コスト手札1枚で控え室からキャラを1枚回収できます。
軽いリソース消費で控え室にアクセスすることが可能です。
“流れる冷や汗”ゆんゆん
リバース時に山札を削り、特定カードがあれば手札に戻ることができるテキストと、相殺テキストですね。リバース時に山札を4枚控え室に置き、「“無茶苦茶な要求”めぐみん」が控え室に置かれれば、このカードを手札に戻すことができます。
特定カードが必要になり、運も絡むものの、手札に戻ることで手札の消耗を抑えることが可能です。パワーに関わらず相手のキャラをリバースできる相殺テキストも使い勝手がよいですね。



“幸運値はS級”カズマ
山札からキャラを展開できるCXコンボと、相手のアタック前に後列に移動できるテキストを持っています。クライマックス使用時にクロック1枚で、山札の上から2枚の内からコスト0のキャラを舞台に展開することができます。
手札を消費せずに最大2枚のキャラを舞台に展開することが可能になっていますね。
対応クライマックスの「Thumbs up!」はチョイスアイコンのものですね。相手のアタックフェイズの始めに、1コストで後列の空き枠に移動することができます。
1コストかかる分、後列で確実に相手キャラから逃げることが可能になっていますね。
Thumbs up!
チョイスアイコンのクライマックスです。「“幸運値はS級”カズマ」の対応クライマックスですね。
“支援魔法”アクア
トップ操作テキストのついた『助太刀』です。使用時に山札の一番上のカードを確認し、山札の上か下に置くという行動を手札1枚を捨てるたびに行うことができます。
手札コストは必要になりますが、トップ操作でキャンセルの期待値を上げることができ、キャンセルを確定させることも可能です。
手札消費で複数回繰り返すことが可能になっていますね。



“ありったけのサポート”アクア
クライマックスのトリガーに反応するパワーパンプと、手札を増やす『集中』を持っています。トリガーチェックでクライマックスが出たとき、キャラ1枚のパワーを1000伸ばすことができます。
トリガー次第ではありますが、パワーの必要なキャラを支援することが可能です。『集中』は使いやすい単レストのもの、山札サーチですね。
“たまには発揮される女神らしさ”アクア
『応援』と、控え室に置かれた他のキャラを舞台に戻すことができるテキストを持っています。『応援』は500パンプのものですね。
前列のキャラのパワーを安定して伸ばすことができます。他のキャラが舞台から控え室に置かれた時、後列のこのカードを控え室に置くことで、そのキャラを舞台に戻すことができます。
『アンコール』のような使い方で他のキャラを舞台に残すことができるテキストですね。




“森で一休み”ダクネス
『応援』テキストと、特定カードを捨てて控え室回収を行う起動能力を持っています。『応援』で前列キャラを支援できますね。
タイミングを問わずキャラのパワーを伸ばし続けることができます。起動能力は手札から同名のカードを捨て、自身をレストすることで、控え室から《冒険者》《魔法》キャラを手札に戻すことができます。
同名カードが必要になりますが、ストックを消費せずに控え室にアクセスできる便利なテキストです。「“激しい交戦” バニル」の『合体』に指定されていますね。
“激しい交戦”バニル
『合体』先のキャラを山札に戻す登場時テキストと、「“脳筋クルセイダー”ダクネス」を登場させる『合体』を持っています。登場時に「“脳筋クルセイダー”ダクネス」を2枚まで山札の下に置くことができます。
『合体』で山札から登場させるキャラを、確実に山札に加えることが可能になっていますね。『合体』は「“森で一休み”ダクネス」をこのカードのマーカーにして、山札から登場させた「“脳筋クルセイダー”ダクネス」の下にこのカードとこのカードのマーカーだったカードをマーカーにする一般的なものです。
1コストでレベル3キャラを早出しすることができる上に、マーカーで山札の圧縮にも繋がるテキストですね。



“紅魔の里へ!”めぐみん&ゆんゆん
カムバックアイコンのクライマックスのトリガー時のソウルパンプと、『集中』を持っています。

トリガーチェックでカムバックアイコンのクライマックスが出たときにキャラ1枚のソウルを1伸ばすことができます。
カムバックアイコンの効果に加えてダメージの調整が可能になっていますね。
トリガーしたカードにソウルアイコンがついている場合とは異なり、好きなキャラのソウルを伸ばすことができるのも使い勝手がよいです。

『集中』は単レスト控え室回収のものになっていますね。


“最強の魔法使い”ゆんゆん
控え室参照の早出しと盤面条件の自身パンプ、クロック回復テキストを持っています。

控え室のクライマックスが2枚以下なら、レベル2段階から登場が可能です。
リフレッシュなどのタイミングに大きく左右されますが、特定カードなどを必要とせずに早出しを行うことができますね。

《魔法》《冒険者》のkキャラが2枚以上なら、パワーを1500伸ばし、『アンコール』を獲得できます。
パワーを10500まで伸ばすことができるのはもちろん、『アンコール』で舞台に残りやすいのは使い勝手がいいですね。

クロック回復も言わずもがな便利なテキストです。


“最強の魔法使い”めぐみん
登場時のクロック回復テキストと、クロックシュートとバーンを組み合わせたCXコンボを持っています。

登場時に手札を1枚捨てることで、クロックの上から1枚をストック置場に置くことができます。
クロックを回復しつつ、ストックを補充することができますね。

CXコンボは「“最高の魔法使い”ゆんゆん」とこのカードをレストすることで、クライマックス1枚を除いた相手の控え室のカードをすべてを山札に戻し、それぞれの正面キャラのクロックシュート、3点バーンを行うものです。
クライマックスを1枚除いて疑似リフレッシュを行うことで、タイミングにも大きく左右されますが、相手の山札の圧縮を下げてキャンセルの期待値を下げることができます。
キャンセルに左右されずに相手のクロックを増やすことができるのも強力です。
アタックはできないものの、バトル相手をリバースさせる必要がなくなっていますね。
加えて3点バーンを飛ばすことができ、カウンターなどを避けつつダメージを与えることが可能です。
対応クライマックスはカムバックアイコンの「合わせた掌」ですね。


合わせた掌
カムバックアイコンのクライマックスです。

「“最強の魔法使い”めぐみん」の対応クライマックスになります。



“脳筋クルセイダー”ダクネス
盤面参照の自身パンプと登場時の3ルック、相手か自分のダメージのキャンセル時に1ダメージを与えるCXコンボを持っています。他の《冒険者》《魔法》キャラ1枚につき自身のパワーを500ずつ伸ばすことができます。
最大で2000パンプ、自身のパワーを11000まで伸ばすことができますね。
相手ターン中もパワーを発揮し続けることが可能です。登場時に山札の上から3枚を見て、1枚を手札に加えることができます。
キャラはもちろん、イベントやクライマックスを探せる使い勝手のいいテキストですね。CXコンボはこのカードか次の相手のターンの正面キャラのダメージのキャンセル時に、相手に1ダメージを与えるというものです。
単なるショットのみではなく、相手のダメージをキャンセルすることでダメージを飛ばすことが可能です。
2回追加ダメージを与えるチャンスを獲得できる強力なCXコンボですね。
対応クライマックスはチョイスアイコンの「ぼ・・・・・・防御力・・・・・・?」です。
“モテ期到来!”カズマ
登場時の1ドロー1ディスバウンスと、アタック時の自身パンプテキストを持っています。登場時に1ドロー1ディスを行い、相手のキャラ1枚を手札に戻します。
手札の質を上げると同時に、相手のキャラを手札に戻すことで厄介なテキスト対策やカウンター避け、ダイレクトアタックによる打点調整が可能ですね。アタック時に手札のキャラを1枚捨てることで、パワーを2000、ソウルを1伸ばすことができます。
パワーを伸ばせるのはもちろん、ソウルを伸ばすことで、打点調整を行うことができるのは使い勝手がいいですね。ぼ・・・・・・防御力・・・・・・?
チョイスアイコンのクライマックスですね。「“脳筋クルセイダー”ダクネス」の対応クライマックスです。“仲間を信じて”ゆんゆん
登場時に山札を削っての自身パンプと、相手ターン中の始めにトップチェックが成功すれば手札に戻ることができるテキストを持っています。登場時に山札を削り、その中の《冒険者》《魔法》のキャラ1枚につきパワーを1000伸ばすことができます。
山札を削りつつ最大でパワーを3500まで伸ばすことが可能になっていますね。相手ターンの始めに山札の上から1枚を公開し、レベル1以上のカードなら手札に戻ることができます。
手札に戻ることで相手キャラにリバースさせられず、手札の消耗をおさえることに繋がります。
“紅魔の里へ!”ウィズ</span>
盤面参照のパワーパンプと、退場時の4ルックテキストを持っています。
他の《冒険者》《魔法》キャラが2枚以上なら、パワー2500になります。
相手ターン中も安定してパワーを出すことができますね。舞台方の退場時に手札を1枚捨てることで4ルックを行うことができます。
山札の枚数を調整しつつ手札の質を上げることができる使い勝手のいいテキストですね。
“いつか極めし爆裂道”めぐみん
登場時に特定カードを捨てることで5ルックが可能です。登場時に手札から「“最強の魔法使い”めぐみん」か「“最高の魔法使い”ゆんゆん」を控室に置くことで、山札の上から5枚を見てキャラを手札に加えることができます。
特定カードは必要になりますが、序盤で使えるキャラを探しつつ、山札を削ることができますね。
パワーを1000伸ばすことができるのも便利です。
“染み付いた冒険者暮らし”アクア
4ルックで手札を増やすCXコンボを持っています。CXコンボでアタック時に4ルックを行い、レベル1以上のカード手札に加えることができます。
レベル0のキャラを回収できない分、イベントを手札に加えることが可能になっていますね。
山札の枚数調整にも活躍できます。
クエスト失敗
ドローアイコンのクライマックスです。「“染み付いた冒険者暮らし”アクア」の対応クライマックスになります。

ブースターパック 映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説【商品解説】



■「映画この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」がヴァイスシュヴァルツに登場!
作中の名場面を多数収録!

●箔押しサインカード情報●
雨宮天さん(アクア役):1種
高橋李依さん(めぐみん役):2種
茅野愛衣さん(ダクネス役):1種
豊崎愛生さん(ゆんゆん役):2種
堀江由衣さん(ウィズ役):1種
計7種を収録!

【ネオスタンダード区分】
「KS/」「Sks/」で始まるカード番号のカードのみでデッキを組むことができます。

ブースターパック 映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説【商品内容】



1パック:9枚入り
カード種類数:ノーマル100種+パラレル

ブースターパック 映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説【発売日】



2020/04/24

ブースターパック 映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説【通販予約最安値価格情報】



ブースターパック 映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説を通販ショップ予約するならどこが通販予約最安値なのか?の情報です

※情報は作成時のものになります。ショップアクセス時の値段は変動していることがあります。(3/24情報)

定価 7,040円

駿河屋(通販最安値!) 5,632円

楽天 6,100 円+送料

Amazon 5,999円

Yahooショッピング 5,970円+送料


「ブースターパック 映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」を検索