「転生したらスライムだった件」情報まとめ目次にジャンプ

WS|ヴァイスシュヴァルツ TD+&BP「転生したらスライムだった件」 News!


戦いの後 リムル
登場時のサーチテキストと、相手キャラバウンスを持っています。登場時に1コスとクロック1枚で山札からレベル1以下のキャラをサーチすることができます。
クロックは増えてしまいますが手札の枚数を増やすことができ、序盤の動きを安定させてくれるテキストです。同時に手札を1枚手札に置くことで、相手のレベル0以下のキャラを手札に戻すことができます。
バウンスということでもちろん再展開される可能性はありますが、一時的に舞台から消すことで厄介なテキストを持つキャラをスルーすることや、パワーパンプを持つキャラをバウンスして相手のキャラを倒すような運用が可能ですね。
魔物達のあるじ リムル
盤面条件の自身パンプと、退場時の4ルックテキストを持っています。他の舞台の《魔大陸》キャラが2枚以上なら、パワーを1000伸ばします。
パワー2500止まりですが、簡単な条件で安定してパワーを出すことが可能になっていますね。舞台から控え室に置かれたときに、手札を1枚捨てることで4ルックが可能です。
手札の不要なカードを切りつつ、4ルックで手札の質を高めることができるのはもちろん、山札削りにもなる便利なテキストですね。

継ぐ者 リムル
登場時の3ルックテキストと、相手にダメージを与えるCXコンボ、手札からキャラを登場させる起動能力を持っています。

登場時に3ルックを行うことができます。
起動能力で登場させるための同名カードや「“捕食者” リムル」などのキャラはもちろん、CXコンボの対応クライマックスなども探せる便利なテキストです。

CXコンボはアタック時に2コストで2ダメージを飛ばすシンプルなものですね。
リバースなども必要なく、手っ取り早くダメージを与えることが可能になっています。
対応クライマックスはリターンアイコンの「メグルモノ」です。

起動能力は1コストとキャラ1枚のレストで、手札から「継ぐ者 リムル」か「“捕食者” リムル」を登場させるものです。
『記憶』の条件に他のCXコンボを持つ「“爆炎の支配者”シズ」を指定しているのでデッキ構成は固定されてしまいますが、1コストで手札からレベル3キャラを展開できます。

このカードを並べることで、CXコンボによってより一気に相手を追い詰めることが可能になりますね。

マーカーを移動させるテキストは、マーカーによってパワーを伸ばす「“捕食者”リムル」向けのものです。
登場時からマーカーを獲得することで、高パワーを出すことができ、更なるマーカーも取りやすくなりますね。


メグルモノ
リターンアイコンのクライマックスです。

「継ぐ者 リムル」の対応クライマックスですね。


一族の姫 シュナ
登場時の相手キャラパワー減と、手札の増える『集中』を持っています。

登場時に相手前列のキャラ1枚のパワーを500下げることができます。
パワーを減らすことで相手キャラをリバースさせやすくなるのはもちろん、パワー500以下のキャラなら直接控え室に送ることができます。リバース時などの厄介なテキストを持っているキャラにも有効ですね。

『集中』は使いやすい単レスト控え回収のものです。


“爆炎の支配者”シズ
手札を増やすCXコンボと、リバース時に思い出に飛ぶテキストを持っています。

CXコンボはアタック時山札を2枚削り、その2枚のレベルの合計以下のカードを控え室から回収するものですね。
最低限レベル0のキャラは拾うことができ、低レベル帯のキャラ中心に相手のリバースなどを必要とせず確実に手札を増やすことが可能になっています。
対応クライマックスはゲートアイコンの「伝説の英雄」です。

リバース時にデッキトップを公開し、《魔大陸》のキャラが出れば思い出に飛ぶことができます。
思い出に飛ばしてしまえば、控え室回収などを行ってもう一度CXコンボで手札を増やすことなどはできませんが、思い出圧縮とともに「継ぐ者 リムル」の『記憶』の達成が可能ですね。


英雄の伝説
ゲートアイコンのクライマックスです。

「“爆炎の支配者”シズ」の対応クライマックスですね。


静かなる怒り ソウエイ
登場時のクライマックス回収と、アタック時の一面パワーパンプを持っています。

登場時に追加1コストで控え室からクライマックスを回収することができます。
クライマックスによってダメージ量を増やすのはもちろん、CXコンボを強力にサポートすることが可能になっていますね。

アタック時に《魔大陸》キャラ1枚のパワーを、他の《魔大陸》キャラ1枚につき500ずつ、最大2000にばすことができます。
自身を含めて強力なパワー支援が可能です。


中身は子供? ミリム
登場時に相手のストックの中身を入れ替えるテキストと、相殺テキストを持っています。

登場時に3コストで相手のストックをすべて控え室に置き、山札から同じ枚数を補充させます。
ストックの枚数自体などを変えるわけではありませんが、山札からストックを補充させることでクライマックスを山札からストックに移動させて、相手の山札の圧縮を下げる効果が期待できます。
リフレッシュポイントに近づけることも可能ですね。

レベル0のキャラならパワーに関わらず処理できる相殺テキストも使い勝手がよいテキストです。



戦いの後 リムル
登場時のサーチテキストと、相手キャラバウンスを持っています。登場時に1コスとクロック1枚で山札からレベル1以下のキャラをサーチすることができます。
クロックは増えてしまいますが手札の枚数を増やすことができ、序盤の動きを安定させてくれるテキストです。同時に手札を1枚手札に置くことで、相手のレベル0以下のキャラを手札に戻すことができます。
バウンスということでもちろん再展開される可能性はありますが、一時的に舞台から消すことで厄介なテキストを持つキャラをスルーすることや、パワーパンプを持つキャラをバウンスして相手のキャラを倒すような運用が可能ですね。
魔物達のあるじ リムル
盤面条件の自身パンプと、退場時の4ルックテキストを持っています。他の舞台の《魔大陸》キャラが2枚以上なら、パワーを1000伸ばします。
パワー2500止まりですが、簡単な条件で安定してパワーを出すことが可能になっていますね。舞台から控え室に置かれたときに、手札を1枚捨てることで4ルックが可能です。
手札の不要なカードを切りつつ、4ルックで手札の質を高めることができるのはもちろん、山札削りにもなる便利なテキストですね。
継ぐ者 リムル
登場時の3ルックテキストと、相手にダメージを与えるCXコンボ、手札からキャラを登場させる起動能力を持っています。

登場時に3ルックを行うことができます。
起動能力で登場させるための同名カードや「“捕食者” リムル」などのキャラはもちろん、CXコンボの対応クライマックスなども探せる便利なテキストです。

CXコンボはアタック時に2コストで2ダメージを飛ばすシンプルなものですね。
リバースなども必要なく、手っ取り早くダメージを与えることが可能になっています。
対応クライマックスはリターンアイコンの「メグルモノ」です。

起動能力は1コストとキャラ1枚のレストで、手札から「継ぐ者 リムル」か「“捕食者” リムル」を登場させるものです。
『記憶』の条件に他のCXコンボを持つ「“爆炎の支配者”シズ」を指定しているのでデッキ構成は固定されてしまいますが、1コストで手札からレベル3キャラを展開できます。

このカードを並べることで、CXコンボによってより一気に相手を追い詰めることが可能になりますね。

マーカーを移動させるテキストは、マーカーによってパワーを伸ばす「“捕食者”リムル」向けのものです。
登場時からマーカーを獲得することで、高パワーを出すことができ、更なるマーカーも取りやすくなりますね。


メグルモノ
リターンアイコンのクライマックスです。

「継ぐ者 リムル」の対応クライマックスですね。


一族の姫 シュナ
登場時の相手キャラパワー減と、手札の増える『集中』を持っています。

登場時に相手前列のキャラ1枚のパワーを500下げることができます。
パワーを減らすことで相手キャラをリバースさせやすくなるのはもちろん、パワー500以下のキャラなら直接控え室に送ることができます。リバース時などの厄介なテキストを持っているキャラにも有効ですね。

『集中』は使いやすい単レスト控え回収のものです。


“爆炎の支配者”シズ
手札を増やすCXコンボと、リバース時に思い出に飛ぶテキストを持っています。

CXコンボはアタック時山札を2枚削り、その2枚のレベルの合計以下のカードを控え室から回収するものですね。
最低限レベル0のキャラは拾うことができ、低レベル帯のキャラ中心に相手のリバースなどを必要とせず確実に手札を増やすことが可能になっています。
対応クライマックスはゲートアイコンの「伝説の英雄」です。

リバース時にデッキトップを公開し、《魔大陸》のキャラが出れば思い出に飛ぶことができます。
思い出に飛ばしてしまえば、控え室回収などを行ってもう一度CXコンボで手札を増やすことなどはできませんが、思い出圧縮とともに「継ぐ者 リムル」の『記憶』の達成が可能ですね。


英雄の伝説
ゲートアイコンのクライマックスです。

「“爆炎の支配者”シズ」の対応クライマックスですね。


静かなる怒り ソウエイ
登場時のクライマックス回収と、アタック時の一面パワーパンプを持っています。

登場時に追加1コストで控え室からクライマックスを回収することができます。
クライマックスによってダメージ量を増やすのはもちろん、CXコンボを強力にサポートすることが可能になっていますね。

アタック時に《魔大陸》キャラ1枚のパワーを、他の《魔大陸》キャラ1枚につき500ずつ、最大2000にばすことができます。
自身を含めて強力なパワー支援が可能です。


中身は子供? ミリム
登場時に相手のストックの中身を入れ替えるテキストと、相殺テキストを持っています。

登場時に3コストで相手のストックをすべて控え室に置き、山札から同じ枚数を補充させます。
ストックの枚数自体などを変えるわけではありませんが、山札からストックを補充させることでクライマックスを山札からストックに移動させて、相手の山札の圧縮を下げる効果が期待できます。
リフレッシュポイントに近づけることも可能ですね。

レベル0のキャラならパワーに関わらず処理できる相殺テキストも使い勝手がよいテキストです。


リムル=テンペスト
登場時の手札交換と控え室回収テキストを持っています。登場時に山札の上から1枚を公開し、《魔大陸》のキャラなら手札に加えることができます。
手札を1枚捨てる必要があるので手札の枚数は変わりませんが、手札の質を上げることが可能です。
デッキトップからクライマックス以外のカードを除くことで『集中』のサポートにも繋がりますね。控え室回収は手札のクライマックスをコストにするものです。
手札のクライマックスを捨てる必要はありますが、ストックなどを消費せずに控え室の《魔大陸》のキャラを回収できます。
手札のダブついたクライマックスを処理することも可能ですね。
迸る炎 シズ
登場時のXルックと、アタック時のバーンテキストを持っています。登場時テキストは舞台にいる《魔大陸》のキャラの枚数分山札を上から確認し、好きなカードを手札に加えるというものです。
山札を最大5枚まで見て、キャラはもちろんクライマックスやイベントも手札に加えることができる便利なテキストです。アタック時に3コスト手札2枚で相手に5ダメージを与えることができます。
大振りなダメージでコストも嵩みますが、クライマックスなどを必要とせずに手数を増やすことが可能になっていますね。
もうすぐ賢者 三上悟
リバース時に「異世界からの転生者 リムル」を控え室から登場させることができます。リバース時に1コストに加えて自身を思い出に送ることで、控え室から「異世界からの転生者 リムル」を登場させ、8つの特徴を付与します。
レスト状態で登場させるのでアタックに参加できるのは次のターン以降ですが、手札を増やすCXコンボのキャラにアクセスできるのは便利です。
思い出に送られることで山札の圧縮にも繋がります。
《刺突耐性》《物理攻撃耐性》《痛覚無効》《熱変動耐性》《電流耐性》《麻痺耐性》《捕食者》《大賢者》はそれぞれフレーバーのような特徴ですね。
異世界からの転生者 リムル
盤面参照の自身パンプと手札を増やすCXコンボを持っています。他の《魔大陸》キャラ1枚につきパワーを500伸ばし、最大でパワー6000になります。
最大パワーを出すためには舞台を埋める必要はありますが、相手ターン中もパワーを出し続けることができますね。CXコンボはアタック時にデッキトップを公開し、《魔大陸》キャラなら手札に加えることができるというものです。
何が手札に加わるかを選ぶことはできませんが、バトル相手リバースなどを必要とせずに手札を増やすことが可能になっています。
対応クライマックスはリターンアイコンの「名付け」ですね。
名付け
リターンアイコンのクライマックスです。

「異世界からの転生者 リムル」の対応クライマックスですね。


“捕食者” リムル
登場時のクロック回復と、バトル相手リバース時にマーカーを獲得してそのマーカーの枚数に比例して自身のパワーを伸ばすことができます。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。

バトル相手をリバースさせたときに、控え室から《魔大陸》のキャラを1枚マーカーに取ることができます。
そのマーカー1枚につき自身のパワーを1000ずつ伸ばすことができ、バトル相手を倒す度にパワーを伸ばせます。
レベル3キャラということでマーカーを多く溜め込む前に決着がつくでしょうが、マーカーを貯めて僅かながら圧縮に貢献してパワーを伸ばすことが可能になっていますね。



読み込み中。。。