商品情報目次までジャンプ

News!

8/18 カードリスト更新!


統制局長 アダム
舞台で特徴を失うテキストと登場時の自身パンプ、特定キャラにテキストとパワーを付与できるCXコンボを持っています。

舞台では《服》を失っていまいますね。
タイトル内では特に影響はなく、原作再現のフレーバーのようなテキストになります。

登場時に《錬金術》キャラがいれば、パワーを4000伸ばしパワー11000になることができます。
手軽に高いパワーを出すことが可能になっていますね。

CXコンボはアタック時に「神力顕現 ティキ」1枚に、バトル相手リバース時の控え回収テキストを付与するものです。手札を増やすことができるテキストですね。
その後舞台の《錬金術》キャラを1枚控え室におくことで、「神力顕現 ティキ」のパワーを5000伸ばすことができます。
舞台のキャラを控え室に置く必要はありますが、大きくパワーを伸ばしバトル相手をリバースさせやすくることができますね。
テキスト付与ということで1枚の「神力顕現 ティキ」にテキストとパワーを集中させて効率的にアドバンテージを稼ぐような戦い方が可能になっています。
対応クライマックスはリターンアイコンの「黄金錬成」です。


再起動 ティキ
『応援』とクライマックス使用時の1面パンプを持っています。

『応援』は腐りにくい便利なパワーパンプテキストです。

クライマックスを使った時にキャラ1枚のパワーを1000伸ばすことができます。
パワーの必要な面を的確にすることができ、リバース要求のCXコンボとの相性がとても良いテキストですね。


神の力 ティキ
盤面参照の自身パンプと、登場時の控え室回収テキストを持っています。

キャラすべてが《錬金術》なら、パワーを1000伸ばすことができます。
《錬金術》デッキなら安定的にパワー2500になることが可能になっていますね。

登場時に手札のクライマックスを1枚捨てることで、控え室から《錬金術》キャラを回収することができます。
クライマックスが必要になりますがストックを消費せずにキャラ回収が可能で、手札の余分なクライマックスを処理するのにも活躍できるテキストですね。


真の姿 アダム
枠条件と登場時、2つのパワーパンプを持っています。

前列中央にいれば、パワー3000になることができます。
複数枚でパワーを伸ばすことはできませんが、相手ターン中も安定的にパワーを出すことが可能です。

登場時に自身のパワーを1500伸ばします。
前列中央の枠にいればパワー4500になり、大抵のレベル0キャラを倒すことができるのはもちろん、中央の枠以外にいてもパワー3000を越えるのは使い勝手がよいですね。


ディバインウェポン アダム
使用時に控え室の特定キャラを思い出にできる『助太刀』です。

レベル1コスト1、パワー1500を付与する『助太刀』使った時に、カード名に「シンフォギア装者との対峙」を含むキャラを1枚控え室から思い出に送ることができます。

「シンフォギア装者との対峙 カリオストロ」「シンフォギア装者との対峙 プレラーティ」「シンフォギア装者との対峙 サンジェルマン」が対象ですね。
思い出にカードを置くことで山札の圧縮に繋がるのはもちろん、『記憶』テキストをサポートすることが可能です。


神力顕現 ティキ
盤面参照の自身パンプと相手リバース時の1ドローを獲得するテキストを持っています。

舞台の《錬金術》キャラ1枚につきパワーを500伸ばします。
盤面を埋めていればパワー8000になり、相手ターン中もパワーを出すことができますね。

「統制局長 アダム」がいれば、バトル相手をリバースさせたときに1ドローが可能です。
クライマックスなどを必要とせずにアドバンテージを稼げる便利なテキストですね。
このカードのパワーだけでは頼りないですが、「統制局長 アダム」のCXコンボと組み合わせることでパワーを大きく上げてアドバンテージを一気に稼ぐことが可能になっています。


黄金錬成
リターンアイコンのクライマックスです。

「統制局長 アダム」の対応クライマックスですね。


終わりなき闘争 調
盤面参照の自身パンプと、『共鳴』によってトリガーチェックを2回行うテキストを持っています。

舞台の《音楽》キャラ1枚につきパワーを500伸ばします。
舞台を埋めないと最大パワーは出せませんが、相手ターン中も安定的にパワーを出すことができますね。

アタック時に1コストを払い「新たな戦い 翼」を公開することで、トリガーチェックを2回行うことができます。
最終的なストックの枚数は変わりませんが、トリガーの恩恵をより受けやすくするとともに、直前のアタックでストックに置かれたクライマックスをすぐに控え室に置くことが可能ですね。
『共鳴』を使うことで、素のパワーの減少を抑えています。

「新たな戦い 翼」もこのカードを『共鳴』に指定していますね。


力の使い方 調
早出しメタテキストの付いた『助太刀』です。

手札を2枚捨てるものですね。
手札消費が激しい代わりに、追加のストック消費無しで早出しキャラを控え室に送ることができます。


新たな戦い 翼
相手と自分の山札のトップ操作を行うCXコンボと『共鳴』によるソウル減を持っています。

CXコンボはアタック時に相手の山札のと自分の山札の上から2枚を見て、2枚までを控え室に置いて残りのカードを好きな順番に置きかえるものです。
相手の山札からクライマックスを抜き取ってダメージを通しやすくすることができます。
上から2枚のみ、相手のデッキ次第とはいえ山札を直接確認・操作できるのはとても強力ですね。
上から2枚にクライマックスがなくてもこのカードのソウルが2、クライマックスで+1されるということでサイドアタックでなければ確定ダメージにはなりませんが、それでもなお強力なフィニッシャーです。
同時に自分の山札を操作できるのも強みです。
トリガーを確定させてより状況に合ったダメージを相手に与えることができるのはもちろん、クライマックスのトリガーを避けたり逆にクライマックスを山札の上に残すことでキャンセルを確定させる動きも可能になっています。
対応クライマックスはゲートアイコンの「逆羅刹」です。

『共鳴』はこのカードがアタックされた時に2コストと手札から「終わりなき闘争 調」を公開することで正面キャラのソウルを2減らすことができるものです。
クライマックスなどを必要とせずに強力なソウル減が可能になっています。
特定カードを手札に握っておく必要はありますが、相手の攻勢を妨害することができますね。
「正面のキャラを1枚選び」ということでアンタッチャブルに弱いのは注意しましょう。


繋ぐ力 翼
登場時の特定カード回収と、サーチテキストを持っています。

登場時に《音楽》キャラを1枚捨てることで、控え室から「新たな戦い 翼」か「終わりなき闘争 調」を手札に加えることができます。
回収先を2種のうちから選べる『絆』のようなテキストですね。
手札コストは《音楽》キャラに限定されていますがストックを消費せずに必要なキャラを手札に加えることができ、『共鳴』のサポートも可能になっています。

サーチテキストは1コスト手札1枚のシンプルなものですね。
山札から欲しいキャラを探してくることができるテキストです。


逆羅刹
ゲートアイコンのクライマックスです。

「新たな戦い 翼」の対応クライマックスですね。



想いを束ねて クリス
強力な『応援』とストブ回復、トップ操作を行う『共鳴』を持っています。

『応援』はパワーを2000付与できる強力なものですね。
前列キャラのパワーを大きく上げることができます。

登場時に手札を1枚捨てることで、クロックの一番上のカードをストック置場に置きます。
手札コストは必要ですがストックを補充することができ、差し引き1コストで登場しつつクロック回復が可能です。
回復メタをすり抜けることも可能になっていますね。

クライマックスフェイズに手札から「繋ぐ力 クリス」を公開することで山札の上から2枚を見て、好きな順番に置き直すことができます。
トリガーを操作して、より効率よく相手にダメージを与えることが可能ですね。

「繋ぐ力 クリス」の『共鳴』テキストと「ぶっつけ本番 クリス」の回収テキストに指定されているカードですね。


繋ぐ力 クリス
パワーとトップ盛りテキストを獲得する『共鳴』を持っています。

登場時に「想いを束ねて クリス」を手札から公開することで、パワーを1000伸ばし、リバースさせたバトル相手を山札の上に置くテキストを持っています。
山札の上にキャラを置くことで、ダメージを通しやすくすることができ、1点なら確定ダメージにすることが可能です。
パワーを伸ばすことで、バトル相手をリバースさせやすくなっていますね。

「想いを束ねて マリア」もこのカードを『共鳴』で指定しているほか、「ぶっつけ本番 クリス」の回収テキストもこのカードを指定しています。


ぶっつけ本番 クリス
登場時の『絆』のような回収テキストと、控え室回収の起動能力を持っています。

登場時に《音楽》キャラを1枚捨てることで、控え室から「繋ぐ力 クリス」か「想いを束ねて クリス」を手札に加えることができます。
手札の不要なキャラをレベル1アタッカーか後列向けのレベル3キャラに交換することができ、それぞれの『共鳴』のサポートも可能です。

手札1枚とこのカードを控え室に控え室に置くことで、控え室の好きなキャラを回収できます。
手札2枚とキャラ1枚を交換する形ですが、ストックを消費せずに控え室のキャラを手札に加えることが可能です。
登場時テキストを使ってからこのテキストを使うことで一気に手札の質を上げることができ、圧殺などを行わずにより強力なキャラを出すための枠を空けることもできるようになっています。


抜剣封殺 マリア
盤面参照の自身パンプと、相手キャラのスタンドを封じる登場時テキストを持っています。

《音楽》キャラが2枚以上なら、パワー3500になります。
レベル1キャラとしては貧弱なパワーのままですが、最低限レベル0のキャラ相手には十分に戦えますね。

登場時に山札の1番上のカードを公開し、《音楽》のキャラが出れば相手のコスト0以下のキャラの次のターンのスタンドを封じることができます。
前列の厄介なキャラを実質的に処理できたり、後列のキャラをスタンドさせないことで『集中』を阻害するなど強力に相手を妨害することができるテキストですね。



シンフォギア装者との対峙 カリオストロ
全体パワーパンプと、同名カードを思い出にする登場時テキストを持っています。《錬金術》のキャラすべてのパワーを500ずつ上げることができます。
前列にいても他の面を支援することができる便利なテキストです。

登場時に控え室のお同名カードを思い出に飛ばすことができます。
思い出2枚以下という制限はありますが、簡単に思い出を増やすことが可能ですね。


シンフォギア装者との対峙 プレラーティ
同名カードを思い出に送る登場時テキストと、手札の増える『集中』を持っています。

登場時に思い出が2枚以下なら、控え室から同名カードを思い出に送ることができますね。
枚数制限はありますが、ストック消費無しで思い出を増やすことが可能になっています。

『集中』は単レストサーチの使いやすいものですが、対象のキャラが「サンジェルマン」「プレラーティ」「カリオストロ」のみということで、専用デッキでの採用になりますね。


サンジェルマン&プレラーティ&カリオストロ
盤面条件の早出しと後列参照のパワーパンプ、登場時のクロック回復を持っています。

《錬金術》のキャラが4枚以上なら、レベル2段階から登場することができます。
キャラを並べるだけの条件ということで簡単に達成できますが、複数展開は無駄が出てしまいますね。

後列のレベル0以下のキャラ1枚につきパワーを1000伸ばします。
上位後列は置きにくくなってしまいますが、安定的にパワー11000を出すことが可能です。

登場時のクロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。
「シンフォギア装者との対峙 サンジェルマン」の登場時テキストから登場した際にも、クロック回復が可能です。


シンフォギア装者との対峙 サンジェルマン
後列参照の自身パンプと登場時の「サンジェルマン&プレラーティ&カリオストロ」リアニメイト、再スタンドを行うCXコンボを持っています。

後列のレベル0以下のキャラ1枚につきパワーを1000伸ばし、最大でパワー11500になります。
「サンジェルマン&プレラーティ&カリオストロ」と同じ条件ということで組み合わせやすいのが強みですね。

登場時に追加1コストで控え室から「サンジェルマン&プレラーティ&カリオストロ」を登場させます。
3コスト手札1枚からレベル3キャラを2面並べることができる使いやすいテキストです。

CXコンボは相手リバース時にコストを支払うことでスタンド状態に戻り、再びアタックできるようになるものです。
『記憶』で思い出置場に《錬金術》キャラを2枚要求することによってコストが軽減されているのが強みですね。
対応クライマックスはゲートアイコンの「理想を追い求める者」です。



読み込み中。。。