上記ツイートがなんと1000RTを達成!

これはバディファイトのブログを初めて5年間初の異形…もとい偉業となります

この騒動()で初めてバディファイトを知った人や、昔遊んでたけど離れていた人がコナンのカードに興味をもったこともあるかと思われるので今回は1000RT記念で解説記事を作ることにしました

1.名探偵コナンは防御力がヤバイ


コナン…特にヤバイのが「黒ずくめの組織」ですね。
黒の組織のメンバーの一部は対抗で場に出る能力があります

対抗とは他ゲーで言うと割り込み的なやつで、相手ターンにも出てこれます(コストを読むと場にカードが必要に思えますが、1枚「まで」なので0枚戻しでも出れます)

つまり手札のこいつらを好きなだけ肉壁にすることができるので、キャラカードが実質防御魔法のような使い方が可能
その上登場時に強力な効果を持っていることが多く、低レベルな防御専用魔法よりよっぽど強いです

それだけではなく対抗で場に出る能力に制限がない上に、コールコストで場のカードを回収します

つまりセンターに出す→攻撃しないとプレイヤーを攻撃できないので攻撃する→対抗で攻撃されたカードを戻しながら別のカードを出す(バディファイトには遊戯王のように巻き戻しがないのでそれで攻撃は強制終了)

これによってゲージがある限り攻撃を実質無効化してきます。登場時効果のおまけつきで

2.名探偵コナンはアド稼ぎ能力がヤバイ


ここに竜王伝というカードがあります。昔からやってるプレイヤーにはお馴染みのやつです

1ドロー・1ゲージ・1ライフという得しかしないカードですね。他ゲーをやってるとこれでもかなり驚愕かもしれません

しかしこれにも一応弱点があって、1ターンに1回しか使えません
最近のドローがインフレ気味のバディファイトでは手札にダブってしまうことがあり、そうなると実質手札1枚使って1ゲージ1ライフとかなりしょっぱい結果に

もちろん次のターン使えばいいのですが、バディファイトは1ターンで死ぬこともザラなので1枚無駄な手札が来るだけでなかなか辛い状況です
そのため最近では採用枚数が減ったり、採用されなかったりすることもあります


一方コナンの同等の効果を持ったカード「終点」は1ターン制限がありません
引けば引くだけ得をするカードです

初手で竜王伝4枚引いたらサレンダーレベルですが、終点4枚引いたら「めっちゃラッキーーーー!!!」

ちなみにバディファイトはデッキ枚数も上限がないので、4積みしない理由がない構成力もクソも無いカードです


このカードもあまりにもバグ
一見すると運ゲーですが、バディファイトのデッキは基本的にキャラ(モンスター)とイベント(魔法)でデッキの90%以上を占めるので、とりあえずイベントって言っておけばだいたいノーコストで2ドローできます

しかもその上で相手の手札を見るのです

ノーコストドローにピーピングがついてるという恐ろしいパワーカード
万が一相手がイベント無しのこともあるかもしれませんが、そうなったらだいたいこっちの邪魔をしてこないので好きなだけカードを使えます(ただしコナンは除く)

後攻なら余裕で全力ワンキル


「黒ずくめの組織の一員 ベルモット 」もやべーやつ

出たら2ゲージ2ドローします。これだけでも相当ヤバイですが、一応他のデッキにも似たようなカードや、ドローだけならもっとできるカードはあります

しかし黒の組織の場に出る能力をもっているのが超ヤバイ

つまり相手ターンにも出てきて2ゲージ2ドローします

その後自分のターンが来れば他のカードで手札に戻すことでまた2ゲージ2ドローします

つまりこのカードだけで4ゲージ4ドローもしてしまうのです

3.名探偵コナンは除去能力がヤバイ


「秘密主義者 ベルモット」があまりにも強力

例によって対抗で場に出るのですが、出たら好きなカードを1枚戻せるのです

現状バディファイトは破壊・無効化・ステータスダウンなど大体の妨害にはそれぞれ耐性を持たせるカードが出ていますが、バウンス耐性だけは本当にごく限られたカードしかもっていないのです

それが1ゲージでいつでも使えて、しかも他の黒の組織のカードがあれば何度も再利用可能

ベルモットが2枚あるなら1ゲージで好きなだけ戻し放題!!


そしてコナンには相手キャラを全部破壊するカードも存在

普通のデッキなら「破壊耐性が基本」なので採用されづらいレベルですが、コナンデッキはベルモットによって破壊耐性を与えるカードをピンポイントで戻してから使えるので破壊カードが猛威を奮います

当然相手ターン制限もクソもないので、もはや他のデッキとは段違いに鉄壁です

上で防御力が高いとかいいましたが、そもそも攻撃させないことすらザラ

4.名探偵コナンは破壊力がヤバイ


ジンとバーボンのコンボがあまりにも凶悪

ジンを戻しながらジンBを出す→バーボン蘇生を繰り返すことで1ゲージ7ダメージを与えることができます

バディファイトの初期ライフは、10です

しかもバーボンはゲージまで削ってくるので、こちらは妨害カードを撃つことすらできなくなったりします

しかもしかもバーボンは効果ダメージを持つため、先行1ターン目ですら相手を余裕で殺しきります
攻撃を封じるカードとかも意味がない!


例え「コールを1ターン妨害」するカードを使えたとしても、ジンも対抗で場に出るため相手ターンでも上記ループを可能であり、次の相手ターンになった瞬間殺しに来ます

これを防げるのは最初の方で紹介したライフ3回復を繰り返せるベルモットぐらい…


つまりコナン対策はコナンしかないのです

終 名探偵コナンは全てがヤバイ

上記の通り、コナンは攻撃能力・妨害能力・アド稼ぎ能力などなどカードゲームに必要な全てが揃っています
その上で効果ダメージによるワンキルや、実用的なライフ回復、相手ターンでのループによる行動制限カードスルーなど独自の強みもあります

当然上に紹介したカード以外にもヤバイカードがいっぱいあり、上記カードを主軸に派生デッキタイプがいろいろ存在します。ボルバルザークかよ!

昔もまぁいろんなデッキが一強になりましが、ここまで何でもできるデッキはさすがにコナンぐらいだと思います
唯一無いとすれば純粋なステータスって感じですが、もはや戦闘する必要すらないし…

さすがにバグとしか思えない強さですね…アニメ打ち切ってコラボに舵を切った最初のパックなので開発期間が足りなかったんでしょうか

禁止制限ルールがあるのでジンを1枚制限にすればループが不可能になり、そうなれば一気に弱体化はするとは思います
が…

【関連記事】
名探偵コナン情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「名探偵コナン」を検索