冷静沈着 双葉 理央
前列中央にいればパワー12500になり、レベル3以上では『大活躍』を獲得し、バトル相手リバース時の1点バーンを持っています。

枠指定で多面展開は難しいですが、手軽に高パワーを維持できます。

『大活躍』は相手のアタックを全て引き受けるキーワード能力です。
省略されていますが、「相手がアタックする時、【リバース】していないこのカードが前列の中央の枠にいるなら、かわりに相手はこのカードにフロントアタックする」という内容です。
盤面の自由が利く代わりにパワーを維持しなければなりませんが、自身でパワーを伸ばせるのとよく噛み合っていますね。

バトル相手キャラをリバースさせた時1コスト手札1枚で1ダメージを相手に与えるものです。
相手ターン中も使用でき、高パワーで相手にフロントアタックを強要する『大活躍』と相性のいいテキストです。

「見つめる先は 双葉 理央」によって控え室から登場することが可能になっています。


見つめる先は 双葉 理央
控え室から「冷静沈着 双葉 理央」を登場させる起動能力を持っています。

『合体』に良く似たものですね。
1コストと舞台の「恋煩い 双葉 理央」をマーカーにすることで、「冷静沈着 双葉 理央」を控え室から登場させて、このカードとマーカーをそのカードのマーカーにします。
舞台のキャラ2枚を新しいキャラ1枚に変換する形になりますが、控え室のキャラ回収も付いているので手札消費は抑えられています。
「レベル2以上」という条件は付いていますが、「冷静沈着 双葉 理央」はレベル3キャラということで早出しが可能になっていますね。


恋煩い 双葉 理央
《思春期》キャラ全体への500パンプと、相手キャラを直接控え室に送る起動能力を持っています。

全体パワーパンプはどんな場面でも腐りにくい便利なテキストですね。

起動能力は1コストで相手前列のレベル0以下のキャラを控え室に送るというものです。
対象は限定的ですがダイレクト面を作ったり、リバース時に発動するテキストを封じることが可能です。。


残酷な仮説 双葉 理央
登場時の手札交換と、手札の増える『集中』です。
登場時にトップを公開し、《思春期》キャラなら手札に加えることができます。
手札を1枚捨てるので手札の枚数が増えることはありませんが、手札の質が上がるほか、『集中』のサポートとして運用できます。
自前で『集中』を持っているので余すことなくその恩恵を活用できますね。

『集中』は単レストドローのTDによく収録されるものです。


破裂寸前! 妖精弓手
クロック0だとアタックできないというデメリットと、登場時2枚落としでの自身パンプを持っています。

デメリットによって素のパワーがバニラサイズになっています。
発動するタイミングは極々限定的でほとんど気になりませんね。

自身パンプは山札を2枚削り、その中の《秩序》キャラ1枚につきパワーを1000上げるものです。最大パワー7500になります。
山を削りつつパワーを出すことが可能です。


精霊の酒夢 鉱人道士
自ターン中の全体パワーパンプと、登場時2枚落としが成功すれば相手キャラのスタンドを妨害できるテキストです。

パワーパンプは自ターンのみ、パンプ値も500ですが状況に左右されず活躍することができます。

登場時山札を2枚削ってその両方が《秩序》キャラなら、相手後列キャラ1枚のスタンドを封じることが可能です。
レストコストのある起動能力を妨害するのはもちろん、前の相手のターンに電源で登場して次のターンを待っている前列向けキャラのアタックを封じることができます。


念願の味覚 蜥蜴僧侶
登場時1枚削りでの自身ソウルパンプと、手札をストックに変換するテキストです。

登場時に山札を2枚削り、クライマックスが落ちれば自身のソウルを+2、ソウル3でアタックできます。
序盤から山を削りつつ多くのダメージを与えることができます。

また同時に手札を1ストックに置くことができます。
登場時サーチなどを基準にするとストック2=手札1なので効率は悪いですが、どうしてもストックが欲しい場面では便利に使うことができます。


最後の戦い 賢者
レベル応援と、特定キャラを支援するテキストです。

レベル比例応援は高レベルキャラに対しては補正値が大きく、便利なものですね。

「最後の戦い 勇者」「最後の戦い 剣聖」にパワーを+500し、手札コストの『アンコール』を付与します。どちらもレベル2のキャラですね。
『応援』とあわせて強力な支援が行えます。

「最後の戦い 勇者」によって控え室から登場することができます。


最後の戦い 剣聖
自ターン中「最後の戦い 勇者」がいればパワーを11500まで伸ばし、アタック時同カードにパワーを行います。

特定キャラがいるだけでこのパワーが出せるのは強力ですね。
「最後の戦い 賢者」からは更にパワー500と『アンコール』を付与されます。

アタック時のパンプもパワー2500と強力です。

「最後の戦い 勇者」によって控え室から登場できますね。


最後の戦い 勇者
登場時に「最後の戦い 賢者」「最後の戦い 剣聖」をそれぞれ控え室から登場させることができます。

テキストは独立していますが、コストはどちらも手札の《秩序》キャラ1枚です。
このカードの登場に3コストがかかりますが、「最後の戦い 賢者」「最後の戦い 剣聖」をノーコストで出せるので、レベル2コスト1のキャラを3枚プレイしているような感覚になるでしょうか。

「最後の戦い 賢者」「最後の戦い 剣聖」それぞれから支援を受けることができます。

【関連記事】
BP「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「BP「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」」を検索

【関連記事】
ブースターパック ゴブリンスレイヤー情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「ブースターパック ゴブリンスレイヤー」を検索