赤青

【本扉】青赤デッキ

大体の構成は先に紹介した8扉のものと同様ですが、レベル1のCXコンボを「究極改装 傷無&愛音」に入れ替えたものですね。
「愛音と絶頂改装」はアタック時にトップチェックで手札を増やすCXコンボを持っています。
フィニッシャーとしてはバーンを行うCXコンボの「澪と主従契約」に加えて、「校内一の変人 ハルヒ」が採用されていますね。
「究極改装 傷無&愛音」をマーカーにする「愛音と絶頂改装」が使えるのもこの構成の強みです。
クライマックス構成はドローとカムバック4枚ずつです。色構成は赤と青、レベル1は青に統一されていますね。

4/14更新 「【本扉】青赤デッキ」デッキのよく使われるカード・相性のいいカード解説・考察

愛音と絶頂改装
控え室条件の早出しとクロック回復に加えて、マーカーを取れれば11500までパワーを伸ばすことができます。

リフレッシュタイミングに大きく左右されますが、特定カードを必要としない早出しは使い勝手が良いですね。
クロック回復も言わずもがな便利なテキストです。

マーカーは登場時に控え室から「究極改装 傷無&愛音」を拾うものです。
登場時に控え室に対象キャラがいる必要はありますが、レベル1での連動キャラということで枚数を組み込みやすいキャラなのは使い勝手がよいです。
自身でパワー11500を維持できるのも強みですね。

スオムス義勇独立飛行中隊 智子
登場時に舞台条件を満たしていればノーコストで登場でき、レベル3のキャラ相手なら単体13000でアタックできます。

登場した時に《スニーカー文庫》《魔法》のキャラが4枚以上、つまりこのキャラ含めて指定特徴のキャラで盤面を埋めれば、控え室からストックブーストが可能です。
このキャラの登場コストは1ですし、その分を補充して差し引きノーコストで登場することができます。

アタック時のテキストはバトル相手のレベルが3以上である必要はありますが大きくパワーを伸ばすものです。
単体ではもちろん後列込みでもレベル3キャラ相手に不足なく戦うことができます。
早出しへの対処のほか、相手のレベルが3に上がっても活躍することが可能です。

究極改装 傷無&愛音
登場時に盤面参照でパワーを6500を伸ばし、手札の増えるCXコンボを持っています。

6500というパワーはレベル1コスト0の中では一定の目安になるものです。
登場ターン中のみとはいえ簡単な条件でそのラインに唐突できるのは良いですね。

CXコンボはアタック時にトップを公開して、そのキャラが《スニーカー文庫》《ハート・ハイブリッド・ギア》なら手札に加えることができます。
運も絡むものですが、相手の盤面やパワーを気にしなくてもよいのは利点です。
対応クライマックスはドローアイコンの「接続改装 ON!!」ですね。

「グレイスと接続改装」「愛音と絶頂改装」に指定されているカードになります。

恥ずかしい姿 愛音
アタック時のパワーパンプと、移動テキストです。

アタック時のパンプ値自体は500ですが、細かいパワー調整が可能になっていますね。

相手のアタック前に山札を削り、《スニーカー文庫》《ハート・ハイブリッド・ギア》のキャラが落ちれば前列の空き枠に移動することができます。
相手キャラにリバースさせられにくくなり、手札の温存に繋がるテキストです。

4/14更新 「【本扉】青赤デッキ」デッキの優勝デッキレシピまとめ

【8扉】青赤デッキ

青と赤のカードをほぼ均等に採用したデッキですね。
アドバンテージを稼ぐクライマックスコンボはTD収録の「勇者の一族 柚希」です。相手リバースなどが不要で手軽に手札を稼ぐことができます。
メインのフィニッシャーは相手のリバースしているキャラの枚数分ダメージを与える「澪と主従契約」です。サブフィニッシャーの「第506統合戦闘航空団 ハインリーケ」は登場時のバーンですね。
「澪と主従契約」と「柚希と主従契約」を支援できる「三種の混血 刃更」も採用されています。
クライマックスは8枚共がカムバックアイコン、赤のカードと青のカードがほぼ同程度採用されています

4/13更新 「【8扉】青赤デッキ」デッキのよく使われるカード・相性のいいカード解説・考察

澪と主従契約
後列参照でパワー10500になり、登場時のクロック回復と相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。

クロック回復は言わずもがな、自身でパワー10000を越えるのは使い勝手がよいです。
後列のキャラを参照するこのタイプのパワーパンプは舞台全体を参照するものと比べると、前列キャラがパワー負けしていてもパワーが維持しやすくなっていますね。

CXコンボは相手リバース時に相手のリバースしているキャラ分のダメージを与えるものです。
最初にアタックしても少なくともこのキャラのバトル相手の1点分は保証されますが、基本的には多面展開で徐々にダメージ量を増やすか、他のキャラで相手キャラをリバースさせてからアタックすることになるでしょう。
相手の盤面に大きく左右されますが、ノーコストで最大3ダメージを飛ばせる優秀なCXコンボです。
対応クライマックスは「澪の悦び」、カムバックアイコンのものです。

第506統合戦闘航空団 ハインリーケ
登場時のトップ操作と5枚落としでのバーン、バトル相手がリバースした時には思い出に送ることができます。

登場時に山札の上から5枚を控え室に落として、その中のクライマックスの枚数分のダメージを相手に飛ばします。
もう一つの登場時テキストのトップ操作はこれを補助する役割ですね。
もちろん運が絡みますが、ノーコストで複数ダメージを飛ばせる可能性があります。

バトル相手リバース時の思い出送りは『アンコール』の余地を許さず舞台から除外することができるテキストです。
CXコンボや厄介なテキストを持っているキャラを処理しましょう。

柚希と主従契約
登場時盤面参照での自身パンプと、自身をコストにするカウンターテキストです。
自身パンプは《スニーカー文庫》《魔法》キャラ1枚につきパワーを+500するものですね。
このカードもカウントできるので舞台が埋まっていればパワー10000になることができます。多面で最大値を出すのは難しいですが、このパワーを出せるのは便利です。

他のキャラがフロントアタックされた時にこのカードを控え室に置けば、アタックされたキャラのパワーを+3000できます。
カウンター的な使い方はもちろん、舞台を空けることでリバース要求テキストの餌になることを回避することが可能です。

三種の混血 刃更
レベル応援と、特定キャラへのパワーパンプを行う起動能力ですね。

レベル比例の応援は高レベルキャラへの支援でその真価を発揮することができます。

対象にできるのは指定されているキャラのみですがパワー2000を付与できるのも強力です。
「澪と主従契約」はレベル3、「柚希と主従契約」はレベル2のキャラです。

勇者の一族 柚希
手札を増やすCXコンボを持っています。

アタック時に4ルックを行うことができます。
ストックが5枚以下という条件があるのでいつのタイミングでも使えるというわけでもありませんが、相手の盤面などに関係なく簡単に手札を増やすことができます。

対応クライマックスはカムバックアイコンの「柚希の下僕記念日」ですね。

東城家の団欒
パワーを付与するカウンターイベントです。

《スニーカー文庫》《魔法》のキャラ1枚につきパワー1000ということで、最大5000パンプです。
盤面がある程度埋まっている必要はありますが、『助太刀』よりも補正値が大きいですね。

4/13更新 「【8扉】青赤デッキ」デッキの優勝デッキレシピまとめ

黄t赤

【風炎】黄t赤デッキ

黄のカードを中心にしたデッキです。
フィニッシャーは追撃バーンの「視覚を惑わすミニスカート 黒ウサギ」をメインに、TD収録の「校内一の変人 ハルヒ」と、ユニークなイベントの「十六夜の手遊び」を採用しています。
アドバンテージを稼ぐCXコンボの「ビターorスイート ショコラ」は手札を稼ぐかストックを稼ぐか選べるものです。
色構成は黄に赤をタッチし、クライマックス構成は風と炎です。

4/7更新 「【風炎】黄t赤デッキ」デッキのよく使われるカード・相性のいいカード解説・考察

視覚を惑わすミニスカート 黒ウサギ
登場時のクロック回復と相手にダメージを与えるCXコンボです。
クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。
「月の兎の末裔 黒ウサギ」のテキストでも手札からの登場になるので問題なく発動します。

CXコンボは「このカードが与えたダメージがキャンセルされなかった時」に1ダメージを与えるテキストを2回発動させるものです。
黄にありがちなダメージがキャンセルされた時のショット能力ではなく、ダメージが通った後の追撃になります。
このカードのアタックによるダメージがキャンセルされなければテキストによる1ダメージ、そのダメージもキャンセルされなければもう1ダメージという流れですね。
一気に打点を進めることが可能です。

校内一の変人 ハルヒ
登場時のクロック回復と、バトル相手リバース時にダメージを飛ばすテキストです。

クロック回復はデッキには欠かせないテキストですね。

バトル相手リバース時に4コストに加えて舞台のキャラを1枚控え室に置くことで、相手に4ダメージを飛ばせます。
ストック消費が激しい上に舞台のキャラもコストにしてしまいますが、クライマックスなどを必要とせずに一気にダメージを叩き込めるのは強力です。
自身でパワーが伸びないので、他のキャラからのパワー支援が重要になります。

ビターorスイート ショコラ
手札かストックを増やすCXコンボを持っています。

相手リバースが必要ですが、控え室回収とストックブースト2を選ぶことができるようになっています。カード名もそれを踏まえたものでしょうか。
状況に合わせて稼ぐアドバンテージを切り替えることができるのは便利です。
対応クライマックスはリターンアイコンの「裸でガールズトーク」ですね。

月の兎の末裔 黒ウサギ
「視覚を惑わすミニスカート 黒ウサギ」への疑似チェンジと、手札の増える『集中』です。

疑似チェンジは1コストに加えてこのカードと手札1枚を控え室に置き、手札からレベル3の「視覚を惑わすミニスカート 黒ウサギ」を登場させるものです。
レベル2段階から使用できるので早出しということになりストックの節約にもなりますが、手札消費が激しいものですね。
「視線を惑わすミニスカート 黒ウサギ」の登場時テキストが発動出来るのはポイントです。

『集中』は単レストで山札サーチの使いやすいものになっています。

十六夜の手遊び
パワーと相手リバース時バーンを付与するカウンターイベントです。

パワーの補正値は1500とレベル1コスト0の助太刀並ですが、バーンを付与できるのは強力ですね。
パワー面で有利に立てるだけでなく、突発的にダメージを飛ばせるのは便利です。

4/7更新 「【風炎】黄t赤デッキ」デッキの優勝デッキレシピまとめ