お兄ちゃん大好きっ子 梓川 かえで
登場ターン中の自身パンプと、相殺テキストを持っています。

登場ターン中はパワー3000になりますね。
バニラサイズということでパワー面で秀でるというわけではありませんが、システム相手などなら十分有利に立つことができます。

パワーの高い相手には相殺で当たれるのも便利ですね。

登場ターンは上から踏み、相手ターンは相殺で牽制するの使い方になるでしょうか。


なすのとお出迎え 梓川 かえで
サイドアタック不可で素のパワーがバニラ並み、手札を増やすCXコンボを持っていますね。

CXコンボは相手リバースで控え室からキャラを回収できるオーソドックスなものです。
デメリットで自身のパワーが高いのがリバース要求と噛み合っていますね。

対応クライマックスの「なすのと一緒」はスタンバイアイコンのクライマックスです。
クライマックス自体からのパワーパンプはありませんが、強力なパワーパンプを持つ高レベルキャラを出してリバースをサポートできます。


明日への自信 梓川 かえで
アンタッチャブルと全体パワーパンプ、レベル置場入れ替えの起動能力を持っています。

相手の効果の対象に選ばれないアンタッチャブルテキストは除去への耐性はもちろん、アタックに回る際には防御札の多くに対象に取られなくなるものです。

舞台全体にパワー1000を付与できるということで、スタンバイで出すキャラの候補の一つということになるでしょうか。
「なすのとお出迎え 梓川 かえで」とは相性がいいですね。

レベル置場入れ替えは『経験』や「レベル置場にカードが置かれた時」に発動するテキストと組み合わされることが多いものですが、現段階ではそのどちらも公開されていません。
今後の公開に期待ということになります。


なすのと一緒
スタンバイアイコンのクライマックスです。

「なすのとお出迎え 梓川 かえで」の対応クライマックスですね。


屈託ない笑顔 梓川 かえで
500応援と自身レストでのパワーパンプです。

パワー支援に特化したカードですね。
どちらもシンプルなテキストですが、その分どんな状況でも便利に使うことができます。


ハユル&愛音&ユリシア
ストックが2枚以下なら自身のパワーとレベルを伸ばし、盤面全体へのパワーパンプを持っています。

ストックが2枚以下なら、レベル1パワー2500になりますね。
テンポゲームは難しくなりますが、序盤に相殺に強く出ることができます。

ゲームが進んでストックが溜まり始めても全体パワーパンプで仕事ができる器用なカードです。


ディートリッド&英雄 パーン
前列にいれば全体パワーパンプ、1コストでの復帰テキストを持っています。

前列にいなければパワーパンプは発動しませんが、その分自身のパワーも上昇し、安定的にパワー11500になることができる上、盤面を強力に支援します。

『他のあなたの前列のキャラの【レスト】しているキャラがいないなら』つまり前列の全ての枠のキャラがリバースしているか、キャラのいない枠であれば1コストでレストすることができます。
アンコールと比べて条件が付いている分とても軽いコストで戦列に復帰できますね。
軽いコストで盤面を固めるカードを舞台に残せるのは便利です。


飛鳥&耀
正面キャラの枠移動を制限し、登場ターン中はパワー3500になります。

移動テキスト持ちに強く出ることができるキャラです。
大抵の移動はパワーが低く、このカードは登場ターンはパワーを伸ばして3500になるので移動キャラをほぼ確実に処理できます。

移動相手でなくても3500で殴れるのは便利ですね。


となりにいたい ショコラ
自ターン中はパワー5000になり、登場時他キャラへのパワーパンプを持っています。

自身も最低限アタックしやすいパワーになる上、登場時パンプの補正値が2000と心強いものです。

メインアタッカーではありませんが、数枚入れておくことで戦いやすくなるカードですね。


ジーナ&マリアン&ジェニファー&カーラ
自分のキャラ全てがリバース時にボトム送りになってしまう代わりに、素のパワーが4000になっています。

パワー4000は魅力的ですが、デメリットは『アンコール』などで盤面にキャラを残すことが絶望的になってしまうものです。
『アンコール』に頼らないデッキでも、キャラが山札に戻ってしまうことで圧縮の低下、相手に山札の一部を把握されるリスクがつきまといます。

自身がこの効果で舞台から消えれば他のキャラのデメリットも消失するので、アタック時にはまずこのカードからチャンプアタックを仕掛ければある程度デメリットを打ち消せることは覚えておきましょう。


水着の授業 柚希&澪
コスト0のキャラ相手であればリバースせず、アタック時にキャラ2枚のパワーを上昇させます。

1/0のキャラがメインのデッキが多いため有利に立ちやすいカードです。
相手の構成によってはレベル1の間割ることが全くできない厄介なキャラですね。

アタック時のパワーパンプは補正値こそ500ですが、2面を支援できて便利ですね。
自身にも振り分けることができます。


寵愛されし大司教 剣の乙女
アタック時の1面パンプと復帰テキストを持っています。

アタック時のパンプは1500と序盤はもちろん、終盤でも役に立ちうるパワーです。
自身にも振ることができるのは行動の幅が広がるので便利ですね。

『他のあなたの前列のキャラの【レスト】しているキャラがいないなら』つまり前列の全ての枠のキャラがリバースしているか、キャラのいない枠であれば1コストでレストすることができます。
アンコールと比べて条件が付いている分とても軽いコストで戦列に復帰できますね。


日常のときめき 受付嬢
登場時の2枚落としでのパワーパンプ、ダメージキャンセル時の手札入れ替えです。

登場時テキストは控え室に置いた2枚の中にクライマックスがあればキャラ1枚のパワーを1500上昇させるものです。
山を削りつつパワー支援を行うことができます。
自身にもパワーを付与でき、その場合はパワー3500になります。

ダメージキャンセル時には1ドロー1ディスが可能です。
ダメージのキャンセルを手札の質の向上に繋げることができるのは使い勝手がいいですね。


甘美な出会い 女神官
登場時のパワーパンプと手札を増やすCXコンボですね。

登場時にはキャラ1枚のパワーを1000伸ばすことができます。
自身にも付与でき、シンプルなのでどんな場面でも腐りにくいテキストです。

CXコンボは自身の手札が5枚以下という条件はありますが、アタック時に3ルックを行うものです。
リバース要求などがなく最序盤から使えるのは便利ですね。
手札5枚という条件も手札7枚からこのキャラと対応クライマックスを貼れば達成できますし、キャラを並べることで多面連動も簡単です。
対応クライマックスはドローアイコン、「あいすくりんしょっく」ですね。


あいすくりんしょっく
ドローアイコンのクライマックスです。

「甘美な出会い 女神官」の対応クライマックスです。
アイスを食べた時の頭痛はそのまま「アイスクリーム頭痛」というそうで。

【関連記事】
BP「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「BP「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」」を検索

【関連記事】
ブースターパック ゴブリンスレイヤー情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「ブースターパック ゴブリンスレイヤー」を検索

【関連記事】
ブースターパック 角川スニーカー文庫情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「ブースターパック 角川スニーカー文庫」を検索