HEROIC 凛&アーチャー
1ドロー付きの疑似リフですね。

山札5枚以下と限られたタイミングではありますが、控え室の全カードを山札に戻すことができます。
ルール上のリフレッシュではないので、リフレッシュポイントが入らないのが便利ですし、このカードはドローで手札を増やすことができます。

紹介画像でも触れられているように、「“闇夜の巡回”凛&アーチャー」と同様のテキストになります。

“presage flower”桜
手札の増える『集中』と、トレジャー(宝)アイコンのクライマックスをトリガーした時の手札交換を持っています。

手札入れ替えはトレジャーアイコンのトリガー時という限られたタイミングですが、カードの種類に指定がなくイベントやクライマックスも回収出来ますね。
手札を切るコストでダブついたCXを切ることも可能です。
手札の質を整えつつ、トレジャーアイコンで意識しなくてはいけない手札事故の回避が簡単に出来るようになっています。

『集中』は単レスト控え回収の使いやすいものです。

怪物の一睨 ライダー
クロック回復と、相手の行動を制限するCXコンボを持っています。

登場時のクロック回復は便利ですね。

CXコンボでは次のターン中正面の相手キャラのフロントアタックを制限し、パワーを下げます。
このキャラを処理できないとレベル3相手にサイドアタックすることになり、ソウル減のような使い方が可能です。
もちろんリバース要求のテキストも使えませんね。
パワーを下げるテキストはこのカードのアタックをサポートするものです。パワーが下がるのでリバースさせやすくなりますね。
対応クライマックスは「石化の魔眼」、トレジャーアイコンのようですね。