猪突猛進 ハルヒ
クライマックス使用時に手札に戻ってソウルパンプを行い、キャラをサーチする起動能力を持っています。

ソウルを盛れるのは便利ですね。
スタンバイアイコンと相性がよいテキストですが、スタンバイアイコンが収録されるかはまだ不明です。

起動能力はクロックが増えてしまいますが、ストック消費1で手札を増やすことができます。
いわゆる「オカ研」が起動能力になったものですね。レベル1以下のキャラしか回収できないのも「オカ研」互換と同様です。


素顔を晒す長門
登場時の「転校したはずの朝倉涼子」のリアニメイトと、コスト0以下のボトム相殺です。

リアニメイトは2コストに加えて「猪突猛進 ハルヒ」を裏向きで思い出にするというコストが必要ですが、「転校したはずの朝倉涼子」はレベル2キャラということで早出しが可能になっています。
舞台のキャラをコストにするということで間接的な手札消費が発生していますが、控え室から回収して手札から登場させるよりはストック消費が抑えられていますね。
「転校したはずの朝倉涼子」はレスト状態での登場ということでそのターン中はアタックに参加できませんが、パワー支援を行うカードなのでさほど問題はないでしょう。

長門がハルヒを消して朝倉を登場させるのは「涼宮ハルヒの消失」の原作再現ですね。

コスト参照のボトム相殺はレベルパンプなどによって避けることができず、高パワーキャラはもちろん『アンコール』持ちも封殺できる便利なテキストです。


普通の人間 キョン
相手のキャラがレストする毎にパワーが伸びていきます。

起動能力はもちろんアタック時のレストにも反応しますね。
相手が後列を2枚レストさせればそれだけで7500、1回目のアタックでは9000になっています。
2回目以降のアタックでもどんどんパワーが上がっていくので、相手に『集中』などの使用を躊躇させられるうえにパワーの見積もりミスも誘発しやすいテキストです。
自ターン中はロクにパワーが伸びないのは弱みですね。


転校したはずの朝倉涼子
全体1000パンプとクライマックス使用時の1000パンプです。

舞台全体のパワーを上げることができるのは強力ですね。
クライマックス使用時のパワーパンプもパワーが必要なキャラを的確に支援できる便利なテキストです。

「素顔を晒す長門」によってレベル1段階から登場できるカードです。


負けず嫌いのアークウィザード めぐみん
登場時の2枚落としでの自身パンプを行い、リバース時のデメリットでバニラサイズになっています。

デッキを2枚削り、その中の《スニーカー文庫》《魔法》キャラの数×1000パワーを伸ばします。最大5000までパワーが伸びますね。
レベル0段階では大抵のキャラを処理できるでしょうし、レベル1でもパワー支援込みで十分に戦うことができるでしょう。

リバース時に相手は1ドロー1ディスを行うことができます。
手札の質を上げる機会を与えてしまうのは厄介です。


毒舌ツンデレ&ペチャパイ ふらの
2枚落下を介した回収イベントです。

山札の上から2枚を削り、その2枚のレベルの合計以下のキャラを回収できます。
レベル制限が付く可能性はありますが、低レベルキャラならほぼ間違いなく回収できますね。逆に高レベルキャラの回収には向いていません。

《スニーカー文庫》のキャラが3枚以上いないと使えない点には気をつけましょう。


子鬼を殺す者 ゴブリンスレイヤー
登場ターン中はパワー6000になり、手札を増やすCXコンボを持っています。

登場ターンのみとはいえパワーが出るのは便利ですね。
クライマックス込みで7000とリバース要求のあるCXコンボともよく噛み合っています。

クライマックスコンボはクロックを1枚増やして、キャラ2枚にバトル相手リバース時回収と相殺メタを付与するものです。
クロックこそ増えますが、1枚連動でも手札が2枚増える可能性がありますね。
パワーの高い面にテキストを振り分けて確実に回収できるようにするほか、置き相殺にも強く当たることが可能です。

対応クライマックスはカムバックアイコンの「殲滅の律動」です。


殲滅の律動
カムバックアイコンのクライマックスです。

「子鬼を殺す者 ゴブリンスレイヤー」の対応クライマックスになります。


“ここがあたしの居場所”奥沢美咲
登場時の控え回収と相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。

登場時テキストは控え室から確実に欲しいキャラを拾える便利なものです。とりあえず手札は減りませんし、後続のアタッカーなどを拾うこともできますね。
「“最後まで走ろう”奥沢美咲」による登場時にも発動するものです。

CXコンボは山札の上から6枚を控え室に置き、そのカードのなかのソウルアイコン分のダメージを飛ばすものです。
運も絡むものですが、相手の盤面を見ずに多点バーンを飛ばすことが可能です。
アンコールステップの始めの発動ということでパワーパンプは相手ターンに備えたものになります。

タイミング的に「“最後まで走ろう”奥沢美咲」で控え室から登場した後でも問題なくバーンを撃つことができます。
対応クライマックスは「キラキラのお日様」、リターンアイコンのものです。「“最後まで走ろう”奥沢美咲」と同じですね。


“ハッピー・アドベンチャー”弦巻こころ
盤面条件の早出しと、登場時の特定カード回収です。

早出し条件は舞台に《ハロー、ハッピーワールド!》のキャラが4枚揃っていれば、という手軽なものです。
複数展開は難しいですが、特定カードが必要なくタイミングにも左右されにくくなっています。

登場時に1コストで「“最後まで走ろう”奥沢美咲」か「キラキラのお日様」を回収し、次の相手ターン中までパワーを伸ばします。
「キラキラのお日様」は「“ここがあたしの居場所”奥沢美咲」の対応クライマックスということで詰めに使うクライマックス、「“最後まで走ろう”奥沢美咲」は「“ここがあたしの居場所”奥沢美咲」にアクセスできるカードということで終盤に向けた用意を整えることができます。
相手ターン中までパワー11000になるのは強力ですね。


“最後まで走ろう”奥沢美咲
登場時のクロック回復と、「“ここがあたしの居場所”奥沢美咲」に入れ替わるCXコンボです。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。

CXコンボでは自身を控えに置くことで控え室から「“ここがあたしの居場所”奥沢美咲」を登場させられます。
「“ここがあたしの居場所”奥沢美咲」はレスト状態で登場するため連パンなどにはなりませんが、そのままバーンを撃つことが可能ですね。
1枚にクロック回復やキャラ回収とともにバーンを盛り込むことは難しいですが、そこを上手くクリアしていますね。
またパワー負けしていたとしても盤面にキャラを残すことが可能になっています。

対応クライマックスはもちろん「“ここがあたしの居場所”奥沢美咲」と同じ、「キラキラのお日様」です。


キラキラのお日様
リターンアイコンのクライマックスです。

「“ここがあたしの居場所”奥沢美咲」「“最後まで走ろう”奥沢美咲」の対応クライマックス、「“ハッピー・アドベンチャー”弦巻こころ」で回収することができます。

【関連記事】
ブースターパック 角川スニーカー文庫情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「ブースターパック 角川スニーカー文庫」を検索

【関連記事】
トライアルデッキ+(プラス) 角川スニーカー文庫情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「トライアルデッキ+(プラス) 角川スニーカー文庫」を検索

【関連記事】
トライアルデッキ+(プラス) ゴブリンスレイヤー情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「トライアルデッキ+(プラス) ゴブリンスレイヤー」を検索

【関連記事】
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2」を検索