ディードリット&ロードスの騎士 パーン
自分のキャラが相手キャラをリバースさせた時の1面パワーパンプと手札の増える『集中』です。

パワーパンプは自身のキャラが相手をリバースさせる必要はありますが、攻勢をサポートすることができます。

集中は2枚レストがコストの山札サーチのものです。


住み込みメイド ユミエル
『応援』とストックブーストのテキストを付与する起動能力を持っています。

500応援はシンプル故に腐りにくい使いやすいテキストです。

起動能力はキャラ2枚をレストするということで、他のレストコストとの噛み合いは悪くなってしまいますが、ストックを積めるのは行動の幅が広がり便利なものです。
リバース要求がありますが、『応援』でパワー支援を行えるので噛み合いがいいですね。


ディードリット&パーン
登場時の2枚落下とアタック時のテキスト、どちらも相手キャラのパワーを下げるものです。

登場時テキストは山札の上から2枚を控え室に置き、その中にクライマックスがあれば発動します。

パワーダウンは単純に相手をリバースさせやすくするだけではなく、パワー0以下にして控え室に送ることで、ダイレクト面を作って打点を伸ばすことが可能ですね。


花とディードリッド
『経験』でパワー7000になり、リバース時には山札の下に送られてしまうデメリットを持っています。

経験は同名カードを指定するものです。
複数採用が前提になり、レベル0のクロックに「花とディードリッド」がある必要はありますが、常時パワー7000を維持できるのは強力です。

デメリットも『アンコール』などの使用は制限されますが、舞台にいる間には特に影響のない軽いものです。


戦いの前の一時
相手キャラをレストさせるというシンプル極まりないテキストですが、相手のアタックを未然に防げるという強力な防御札です。

レベル2コスト4の同テキストのイベントと比べると、撃てる範囲がレベル3のみになった代わりにコストが減っています。
実際に使いたいのは終盤だけでしょうし、コスト軽減と考えて問題ないでしょう。


スオムス義勇独立飛行中隊 ウルスラ
盤面参照でパワーを7500まで伸ばし、手札コストの『アンコール』を持っています。

様々なタイトルにあるパワー7500アンコールの1種ですね。
盤面が埋まっていないと最大パワーにはなりませんが、他のキャラが数枚いればその分はパワーを伸ばすことができます。

https://pbs.twimg.com/media/D07_doKUYAA-qAx.png
縁の下の華 受付嬢
アタック時の1ドロー1ディスを付与するテキストと、手札の増える『集中』です。

付与するテキストはダイレクトアタック時にのみ発動するものですが、手札の質を上げることができますね。
アタックの直前に付与できるので、相手の盤面を見極めてダイレクトアタックになりそうな面に付与しましょう。

『集中』はTDによく収録される自己レストドローのものです。


“キラキラの笑顔”山吹沙綾
控え室参照の早出し、登場時の2ドロー2ディス1ストブと相手にダメージを与えつつキャラを回収するCXコンボです。

早出し条件は控え室のクライマックスが2枚以下のものです。
リフレッシュのタイミングに大きく左右されますが、特定カードを必要とせず汎用性があります。
バンドリでも「“可愛いともだち”市ヶ谷有咲」「“止まらずに、前へ”美竹蘭」が同様のテキストを持っています。

登場時には手札の質を整えてストックブーストを行います。
手札こそ増えませんがクライマックスなどを引き込む可能性もあるうえ、差し引き1コストで登場できるのは強力です。

CXコンボでは相手リバース時に1コストで相手に1ダメージをあらえ、控え室からキャラを回収します。
相手リバースが必要ですが、エクストラダメージを作りつつ手札を増やすことができます。
最終盤の段階では手札を増やしても微妙ですが、早出ししてCXコンボを使うことでレべル3に向けた準備を整えることが可能ですね。
対応クライマックスはスタンバイアイコンの「キラキラの笑顔」です。


“気合いの円陣”戸山香澄
《Poppin’Party》キャラへの1500パンプと登場時のクロック回復、クライマックス使用時には1コストで4ルックが可能です。

舞台全体を強力に支援できるテキストはもちろん便利ですね。
《音楽》指定の「市ヶ谷有咲」、前列にいる必要はありますが自身のパワーも上がる「“本当の私を伝えられたら”白鷺千聖」「“グロウアップロック”美竹蘭」も存在しますが、《Poppin’Party》デッキではこちらにお呼びがかかることになるでしょうか。

クロック回復も言わずもがな強力なテキストです。

クライマックス使用時のテキストは一般的には序盤~中盤の手札維持に重宝されるものですが、この段階ではそのような使い方は難しいですね。手札コストのあるCXコンボの前に、ストックを手札に変換するような使い方になるでしょうか。


“こんな広い会場で……!”牛込りみ
コスト0ののキャラ相手であればリバースせず、自ターン中はパワー6500になります。

最近は1/1のキャラはほとんど登場せず、1/0のキャラがメインのデッキが多いため有利に立ちやすいカードです。
相手の構成によってはレベル1の間割ることが全くできない厄介なキャラですね。

このテキストを持つキャラはパワーが奮わないことも多いですが、このカードは自ターン中のみとはいえ6500とある程度立ち回れるだけのパワーが出せるようになっています。


キラキラの笑顔
スタンバイアイコンのクライマックスです。

「“キラキラの笑顔”山吹沙綾」の対応クライマックスですね。


“秘密の場所”市ヶ谷有咲
登場時にコスト1ハンド1で3ルックを行います。

手札に加えるカードに制限がないので、ただキャラを手札に加えるのみではなくCXやイベントも拾うことができます。
山札の上から3枚なので確実に欲しいカードを手札に加えられるとは限りませんが、CXコンボなどののサポートとして活躍します。
「“ロックな一体感”美竹蘭」「“ちびキャラ”美竹蘭」も同様のテキストのカードです。


“うさぎに見えるもの”花園たえ
アタック時にパワーを最大7000まで伸ばします。

舞台の他の《音楽》のキャラ1枚につきパワーを500伸ばすということ舞台面が埋まっていないと最大パワーにはなりませんが、毎ターンパワーを伸ばせるのは使い勝手がよいです。

【関連記事】
ブースターパック 角川スニーカー文庫情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「ブースターパック 角川スニーカー文庫」を検索

【関連記事】
トライアルデッキ+(プラス) 角川スニーカー文庫情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「トライアルデッキ+(プラス) 角川スニーカー文庫」を検索

【関連記事】
トライアルデッキ+(プラス) ゴブリンスレイヤー情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「トライアルデッキ+(プラス) ゴブリンスレイヤー」を検索

【関連記事】
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2」を検索