校内一の変人 ハルヒ
登場時のクロック回復と、バトル相手リバース時にダメージを飛ばすテキストです。

クロック回復はデッキには欠かせないテキストです。

バトル相手リバース時に4コストに加えて舞台のキャラを1枚控え室に置くことで、相手に4ダメージを飛ばせます。
ストック消費が激しい上に舞台のキャラもコストにしてしまいますが、クライマックスなどを必要とせずに一気にダメージを叩き込めるのは強力です。
自身でパワーが伸びないので、他のキャラからのパワー支援が重要になります。


月の兎の末裔 黒ウサギ
「視覚を惑わすミニスカート 黒ウサギ」への疑似チェンジと、手札の増える『集中』です。

疑似チェンジは1コストに加えてこのカードと手札1枚を控え室に置き、手札からレベル3の「視覚を惑わすミニスカート 黒ウサギ」を登場させるものです。
レベル2段階から使用できるので早出しということになりストックの節約にもなりますが、手札消費が激しいものですね。
「視線を惑わすミニスカート 黒ウサギ」の登場時テキストが発動出来るのはポイントです。

『集中』は単レストで山札サーチの使いやすいものになっています。


“月の兎”の伝承
ショット(炎)アイコンのクライマックスです。

「視線を惑わすミニスカート 黒ウサギ」の対応クライマックスになります。


視線を惑わすミニスカート 黒ウサギ
登場時のクロック回復と相手にダメージを与えるCXコンボです。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。
「月の兎の末裔 黒ウサギ」のテキストでも手札からの登場になるので問題なく発動します。

CXコンボは「このカードが与えたダメージがキャンセルされなかった時」に1ダメージを与えるテキストを2回発動させるものです。
黄にありがちなダメージがキャンセルされた時のショット能力ではなく、ダメージが通った後の追撃になります。
このカードのアタックによるダメージがキャンセルされなければテキストによる1ダメージ、そのダメージもキャンセルされなければもう1ダメージという流れですね。
一気に打点を進めることが可能です。


いつき&穂波&アディリシア&まなみ&蓮&みかん
レベル比例応援と、キャラをスタンドさせる起動能力です。

レベルによって補正値の変わる『応援』は低レベルキャラには恩恵が薄いですが、高レベルキャラの支援には大きく役に立ちます。

起動能力はこれのみではなんとも言えませんが、レストコストが必要な起動能力を使い回すことが可能です。
他のカードと組み合わせることで様々な動きが可能になるテキストですね。


親鳥みたいなゴブリンスレイヤー
自ターン中「ひよこみたいな女神官」が舞台にいればパワー10500になり、登場時には「ひよこみたいな女神官」を費開け質から登場させることができます。

自ターン中のみですが安定的に10000を越えるのは使いやすいですね。

「ひよこみたいな女神官」を登場させるテキストはストックの温存にも繋がり、レベル比例応援ということでこのカードもパワー1000補正を受けることができます。


ひよこみたいな女神官
レベル比例応援と、登場ターン中の『アンコール』メタです。

レベルによって補正値の変わる『応援』は低レベルキャラには恩恵が薄いですが、高レベルキャラの支援には大きく役立つものですね。

『アンコール』を封じるテキストはこちら側がパワーで勝っていなければあまり意味はありませんが、『アンコール』で盤面を維持しようと考えていた相手からするととても厄介でしょう。


“暑すぎ……”美竹蘭
登場時に盤面参照でパワーを最大7500まで伸ばします。
「邂逅」互換と呼ばれるカードですね。

盤面が埋まっていないと最大パワーは発揮できず、複数展開も難しいですがレベル1コスト0で登場ターンのみとはいえこのパワーが出せるのは便利です。


“自分らしい良さ”上原ひまり
登場時の手札入れ替えと、相手の『集中』を牽制する『アラーム』です。

登場時に山札の上から1枚を公開して、《音楽》キャラなら手札に加えて手札を1枚捨てるものです。
手札の質を向上させるだけでなく、『集中』のサポートとして重宝されるテキストです。

『アラーム』では相手の『集中』でクライマックスが捲れた時に、レベル0以下のキャラ1枚を次の相手ターンにスタンドさせられなくすることができます。
『集中』の発動自体を制限するものではありませんが、相手ににらみを利かせるような運用が可能です。


“小さな成長?”青葉モカ
『助太刀』とイベントが使えなくなる代わりに素のパワーが3500あり、手札を増やすCXコンボを持っています。

デメリットはデッキ構成に気を遣う必要はありますが、逆に言えばデッキ構成によってはほとんど気にならないものです。

CXコンボは相手がレベルアップした時、とかなり条件は絞られてしまいますが、相手の盤面などに関係なく手札を増やすことが可能です。
対応クライマックスはソウル+2ということで、噛み合ったものになっています。


ちょっと寄り道
ソウル+2のクライマックスです。

「“小さな成長?”青葉モカ」の対応クライマックスです。

【関連記事】
ブースターパック 角川スニーカー文庫情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「ブースターパック 角川スニーカー文庫」を検索

【関連記事】
トライアルデッキ+(プラス) 角川スニーカー文庫情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「トライアルデッキ+(プラス) 角川スニーカー文庫」を検索

【関連記事】
トライアルデッキ+(プラス) ゴブリンスレイヤー情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「トライアルデッキ+(プラス) ゴブリンスレイヤー」を検索

【関連記事】
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2」を検索