“努力の結晶”丸山彩
自ターン中は盤面参照でパワーを7000まで伸ばすことができ、登場時にはクロックのキャラを手札に加えることができます。

舞台に4色のキャラがいるという通常のデッキではなかなか厳しい条件ですが、《Pastel*Pallets》デッキではさほど苦でもないでしょう。
自ターンのみとはいえレベル1コスト0のキャラがパワー7000になるのは強力です。

登場時には手札を1枚捨てることでクロック置場からキャラを手札に戻すことができます。
クロックは山札から補充させるので回復などには繋がりませんが、なかなかアクセスしにくいクロックのキャラに触れるのは便利です。
「“煌めくステージへ”大和麻弥」などクロックと控え室のキャラを入れ替えるテキストと組み合わせることで実質的な控え室回収としても運用できますね。


“オーエス?オーエス!”丸山彩
登場時に手札をクロックに置くことで山札から《Pastel*Pallets》のキャラをサーチできます。
「“ホワイトフェアリー”若宮イヴ」が黄色になったものです。

手札の枚数は変わらず、クロックも増えてしまいますが、ストックを消費しないサーチは便利ですね。
発生していない色を強引に発生させることもできるようになっています。


“アイドルとは”大和麻弥
盤面条件でパワー9000になり、手札を2枚増やすCXコンボを持っています。

条件は盤面のキャラの色の合計が4色というパスパレではよくあるものですね。
パスパレデッキではさほど難しい条件ではなく、相手ターン中でもこのパワーが出せるのは魅力的です。

CXコンボでは相手リバースで山札の上から4枚を見て《Pastel*Palettes》のキャラを2枚まで手札に加えて1面に1000パンプを行うものです。
山札の上から4枚の上の中から選ぶということで自由度はあまり高くありませんが、一気に手札を2枚増やすことができます。
1000パンプで他のキャラのサポートも可能になっています。

「“自己流サバイバルスキル”大和麻弥」のCXコンボでレベル1段階から登場し、そのまま活躍することができます。

対応クライマックスの「本気・サバイバー」はカムバック(扉)アイコンです。


“自己流サバイバルスキル”大和麻弥
登場時の1ドロー1ディスと、CXコンボでの疑似チェンジを持っています。

登場時には手札を整えることができますね。
1枚しか引けないのでなかなか上手くはいかないでしょうが、便利なテキストには違いありません。

CXコンボは自身を控え室に置いて手札の「“アイドルとは”大和麻弥」を登場させるものです。
「“アイドルとは”大和麻弥」はレベル2キャラなので、レベル1段階では早出しということになります。
キャラ1枚を登場させるのにCXと手札を1枚必要としていますが、ストック消費はありません。

「“アイドルとは”大和麻弥」は同じクライマックスで手札の増えるCXコンボを行えるため、登場させてすぐにアドバンテージを稼ぐことができます。

対応クライマックスは「本気・サバイバー」です。


本気・サバイバー
カムバック(扉)アイコンのクライマックスです。

「“アイドルとは”大和麻弥」「“自己流サバイバルスキル”大和麻弥」の対応クライマックスですね。


“分かち合いたい!”若宮イヴ
ストック2枚以下ならパワー4000になります。

序盤しか使いにくいものではありますが、条件を満たしていれば常にパワー4000を出すことができる優秀なアタッカーです。

【関連記事】
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2」を検索