“止まらずに、前へ”美竹蘭
控え室参照の早出しと登場時の一風変わったクロック回復と手札アンコールを持っています。

早出しは控え室のクライマックスが2枚以下なら可能になります。
リフレッシュのタイミングに大きく左右されますが、特定カードを必要としない使いやすいものですね。

回復テキストは盤面条件はありますがクロック置場のキャラを直接思い出に送る珍しいテキストです。
回復メタにひっかからず、僅かながらデッキ圧縮にも繋がりますね。

「“アタシ達の夕焼け” 宇田川巴」「“隣にいること”青葉モカ」「“私達、参上っ!”上原ひまり」出指定されているカードです。


“アタシ達の夕焼け” 宇田川巴
「“止まらずに、前へ”美竹蘭」への『絆』と同カード登場時のパワーパンプとストックブースト、手札入れ替えの『アラーム』を持っています。

「“止まらずに、前へ”美竹蘭」の展開をサポートするカードです。
手札絆は手札の枚数こそ増えませんがストック消費やクロック増加がなく、手札の不要なカードを変換することができます。
もう一つの支援テキストは「“止まらずに、前へ”美竹蘭」の登場時に舞台にいる必要がありますが、このカードを登場させ『絆』で回収した「“止まらずに、前へ”美竹蘭」をそのまま登場させるという動きが想定されているようです。
単体では9500と若干物足りないパワーを補いつつ、早出しレベル3キャラでネックになりがちなストックの消費を抑えることができます。
自身がストックに飛ぶので確定ストックの上、盤面が自然に空くのも良いですね。

アラームは《音楽》キャラが舞台に4枚以上いる必要はありますが、手札2枚を一気に交換できるものです。
もちろん引き込んできたクライマックスはそのまま使用することができますし、手札事故の解決にも活用できますね。


“隣にいること”青葉モカ
レベル比例応援と手札の増える『集中』に加えて、特定カードがいれば全体500パンプを獲得します。

レベル応援は高レベルキャラの支援ではとても強力なものですね。
『集中』はこの段階ではさほど積極的に使うものではありませんが、レベル0などの『集中』をより強力な後列向けテキストを持つカードに張り替えた後でも『集中』を使える選択肢があるのは強力です。

全体500パンプは同時に舞台に「“止まらずに、前へ”美竹蘭」が舞台にいる必要がありますが、レベル応援と組み合わせることでより強力に前列キャラを支援することが可能ですね。


“気づいた『変化』”羽沢つぐみ
登場時の3ルックと相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。

登場時テキストは手札を減らさないと同時に、他のアタッカーやクライマックス探しに活躍できるものです。イベントも手札に加えることができますね。

CXコンボでは相手の前列が空かキャラが全てリバースしていれば1コスト手札1枚で1ダメージを与え相手の前列キャラ1枚をクロックに送るリプレイ『FEVER』を行うというものです。

相手の盤面を壊滅させる必要はありますが、このカードがリバースさせる必要がなくパワーの高いキャラ相手にはこちらも高パワーキャラをあてがうなど自由度が高く、相手が前列にキャラを残さなかった場合にもバーン自体は可能になっています。
前列が空の場合にはクロックシュートが不発に終わるのはご愛敬。

対応クライマックスは「変わりゆく空」、トレジャーアイコンですね。


“私達、参上っ!”上原ひまり
「“止まらずに、前へ”美竹蘭」がいれば自ターン中はパワー12000、アタック時に1コストでトリガーチェックを2回行うことができます。

行きだけ、特定カードが必要ですが、このパワーは魅力的ですね。
レベル3キャラ相手にも不足なく戦えるでしょう。

もう一つのテキストはCXがトリガーした直後に使うことで、ストック枚数を減らすことなくCXの無い綺麗なストックを作り上げることが可能です。
トレジャーアイコンと組み合わせれば不確定ストックをすぐ処理することができますね。
単純にトリガーチェックを増やすことで打点の向上やトリガーの活用を狙うのもよいでしょう。


変わりゆく空
トレジャーアイコンのクライマックスです。

「“気づいた『変化』”羽沢つぐみ」の対応クライマックスですね。

【関連記事】
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2」を検索