優しき聖職者 女神官
トリガーチェックでイベントが捲れた時の1面2000パンプと手札の増える『集中』です。

イベントがある程度採用されているデッキでないと死にテキストになっていまいますが、2000パンプは強力なものです。
このカードを使う際にはトリガーによるパワーパンプの可能性を踏まえてパワーの拮抗している面やギリギリパワー負けしている面のアタックを後に回しましょう。

『集中』は単レスト山札サーチの使い勝手の良いものですね。


森人の矜持 妖精弓手
イベントの使用を制限するテキストと手札を増やすCXコンボです。

1ターン中の同名イベントの複数回使用を制限することができます。
システム面をイベントに頼るデッキには効果てきめんですね。
相手の使ったイベントも使えなくなるので、ミラーマッチではシステムと防御を兼ね備えたようなイベントが使いにくくなります。

CXコンボでは相手リバース時に山札の上から3枚を控え室に置き、その中のトリガーアイコン持ちのカードの枚数分キャラを回収できます。
運も絡むものですが最大3枚まで手札を増やすことができる強力なものですね。
1面のみでも十分に手札を補充できる可能性があるのは使いやすいですね。

対応クライマックスはショットアイコンの「冒険の色彩」です。


冒険の色彩
ショット(炎)アイコンのクライマックスです。

「森人の矜持 妖精弓手」の対応クライマックスですね。


はじける活力 牛飼娘
控え室参照の早出しと登場時のXルック、アタック時の他キャラパワーパンプを持っています。

控え室のクライマックスが2枚以下ならレベルの段階から登場することができます。
リフレッシュのタイミングに大きく左右されますが、特定カードを必要としない使いやすいものですね。

登場時テキストは最大5枚まで山札を確認し、好きなカードを加えることができるというものです。
盤面のキャラの枚数によって確認できる枚数は異なりますが、キャラはもちろんクライマックスやイベントも手札に加えることができます。

アタック時にはこのカード以外の《秩序》キャラの枚数×500分のパワーを1面に付与することができます。最大2000ですね。
強力に攻勢を支援することができるのは便利です。


日常のときめき 受付嬢
登場時の2枚落としでのパワーパンプ、ダメージキャンセル時の手札入れ替えです。

登場時テキストは控え室に置いた2枚の中にクライマックスがあればキャラ1枚のパワーを1500上昇させるものです。
山を削りつつパワー支援を行うことができます。
自身にもパワーを付与でき、その場合はパワー3500になります。

ダメージキャンセル時には1ドロー1ディスを行います。
ダメージのキャンセルを手札の質の向上に繋げることができるのは使い勝手がよいです。

【関連記事】
ブースターパック ゴブリンスレイヤー情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「ブースターパック ゴブリンスレイヤー」を検索