“クッキーをもう1度”今井リサ
『経験』でパワーを10500まで伸ばし、登場時の3ルックとアタック時にコストを払っての1点バーンです。

『経験』は特定キャラ2枚を要求するものです。

レベル3ということである程度余裕を持って達成できる上、他のカードともある程度共通しているため使い勝手は悪くないでしょう。
それぞれ「“こぼれ落ちる涙”湊友希那」はレベル3、「“今度は私が”氷川紗夜」はレベル0のキャラになります。

3ルックもイベントやクライマックスを引き込む可能性もある便利なものです。
手札が減らないのも利点ですね。

アタック時には1コストと手札から《Roselia》キャラを捨てることで相手に1ダメージを与えることができます。
手札コストを「《Roselia》のキャラ」に限定することで、通常の2コスト手札1枚からストック消費を軽減していますね。
「“決意の叫び”白金燐子」などによる2回目のアタックでもバーンが可能ですね。


“みんなでティータイム”宇田川あこ
盤面参照でパワー2500、登場時に手札のクライマックスと控え室のキャラを入れ替えるテキストを持っています。

いわゆる「収録中」互換ですね。
手札にダブついたクライマックスを処理しつつキャラを拾える便利なカードです。

簡単にパワーを伸ばすこともでき、戦いやすくなっていますね。


“今度は私が”氷川紗夜
バトル相手リバース時に自キャラ1枚をレストして後列に退避させるテキストを持っています。

序盤からキャラの損耗を防ぎつつアタック回数を増やすことができます。
リバースしたキャラでもレストして後列に逃がせるのは強力です。

「“クッキーをもう1度”今井リサ」の『経験』で指定されているカードです。


“こぼれ落ちる涙”湊友希那
『経験』による早出しとクロック回復を持ち、10000までパワーを伸ばすことができます。

『経験』による早出しは同名カードを指定するものです。
「“クッキーをもう1度”今井リサ」のパワーを伸ばす『経験』とも互換性があるということで組み合わせて運用すことになるでしょう。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストです。

パワー10000になるためには舞台のキャラ全てが《Roselia》である必要があるので、《Roselia》単もしくはそれに近いデッキで運用すことになるでしょう。

「“クッキーをもう1度”今井リサ」「“見守る目線”湊友希那」の『経験』で指定されているカードです。


“決意の叫び”白金燐子
盤面条件でパワー10500になり、登場時の2ドロー1ディスと自分のキャラ1枚をスタンドさせるCXコンボをもっていますね。

自身でパワー10000を越えるのは戦いやすく便利です。
登場時テキストもクライマックスや他のアタッカーを引き込む可能性がある便利なものです。

CXコンボでは舞台のキャラが《Roselia》で統一されていればこのカードのアタック後の3コスト手札2枚で他のキャラをスタンドさせるというものです。
コストも相応に重いですが、アタック回数を増やす強力なフィニッシャーですね。
アタックの終わりにコスト支払いということでアタックフェイズ開始時にストックが0でもテキスト発動に必要なストックを貯めることができるのは便利です。

アタック時にバーンを行うテキストを持つ「“クッキーをもう1度”今井リサ」トの組み合わせが強力です。

対応クライマックスはゲートアイコンの「仮入部員」です。


“見守る目線”湊友希那
『経験』でパワー6000になり、アタック時のトリガーを操作するテキストを持っています。

『経験』ということで盤面やタイミングに左右されにくいパワーパンプになっています。
「“こぼれ落ちる涙”湊友希那」はレベル3のキャラです。
同様の条件の『経験』を持つ「“クッキーをもう1度”今井リサ」「“こぼれ落ちる涙”湊友希那」と上手く組み合わせて運用したいですね。

アタック時に他に《Roselia》キャラが2枚以上いれば、山札の上から2枚を見て好きなカードを山札の上に残し、もう1枚を控え室に置くことができます。
山札の上に残すカードはそのままトリガーで捲るカードになるため、トリガーを確定させることが可能です。


仮入部員
ゲート(門)アイコンのクライマックスです。

「“決意の叫び”白金燐子」の対応クライマックスですね。

【関連記事】
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2」を検索