“夢に続く道” 白鷺千聖
盤面参照でパワー11000になり、登場時回復と相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。

盤面に4色が揃っていればパワー11000になりますね。パスパレデッキでは他のカードのためにも盤面を4色にする必要があるので条件達成は容易でしょう。
単体でこのパワーを常に出せるのは便利です、

登場のクロック回復は言わずもがな重要なテキストです。

CXコンボでは相手の前列が空かキャラが全てリバースしていれば2コストで3ダメージを与えるリプレイ『FEVER』を行うというものです。

相手の盤面を壊滅させる必要はありますが、このカードがリバースさせる必要がなくパワーの高いキャラ相手にはこちらも高パワーキャラをあてがうなど自由度が高く、相手が前列にキャラを残さなかった場合にもバーンが可能になっています。
同時に自分のキャラ1枚をレストできるので同パワーでのアタックや相殺の使用などもケアすることが可能です。

対応クライマックスはリターン(風)アイコンの「夢を与えるアイドル」ですね。
このカードのトリガーのようなバウンスでも『FEVER』の条件は達成できますね。


夢を与えるアイドル
リターン(風)アイコンのクライマックスです。

「“夢に続く道”白鷺千聖」の対応クライマックスですね。


“アイドル丸山彩っ!”丸山彩
控え室のクライマックス参照の早出しと登場時の3ルック、レベル3の相殺を持っています。

控え室にクライマックスが6枚以上あれば早出しが可能になります。
リフレッシュのタイミングに左右される部分も大きいですが、特定カードなどを必要としない使い勝手のよいものです。

登場時の3ルックはクライマックスなども対象に取ることができる便利なものです。
他のCXコンボ持ちと組み合わせたいですね。

レベル3キャラにしては若干パワーが低いですが、リバース時に他の《音楽》キャラが2枚以上、バトル相手のレベルが3以下ならそのキャラをリバースさせることが可能です。
パワーに関係なく大半の相手キャラを倒すことができますね。

相手キャラをむりやりリバースさせるということで「“夢に続く道” 白鷺千聖」のCXコンボと相性が良く、「“夢に続く道” 白鷺千聖」の自キャラをレストさせる効果ともよく噛み合っています。
カード名指定こそありませんが、組み合わせることを前提にデザインされているのでしょう。


“もっと憧れて貰うために”若宮イヴ
他のキャラがアタックする毎にパワーを伸ばし、手札アンコールを持っています。

3回目にアタックすればパワー7000ということになりますね。
アタック順は限定されるうえ多面展開には向きませんが優秀なパワーです。

相手ターン中はパワー4000ですが、そこを補うように『アンコール』が付いていますね。


“謙虚系アイドル”大和麻弥
500応援と2コスト自身レストでのサーチを持っています。

『応援』はどんな場面でも腐りにくく便利なテキストです。

サーチはコスト消費は嵩みますが、任意のタイミングで毎ターンでもサーチを行うことができます。
手札を確実に増やすことができるのも優秀です。

「“日菜の願いごと”氷川日菜」に指定されているカードです。


“日菜の願いごと”氷川日菜
マーカーがあれば緑のキャラとしても扱うことができ、自ターン中全体のパワーを2000上昇させます。

マーカーは登場時に控え室から「“謙虚系アイドル”大和麻弥」を獲得します。
特定カードは必要ですが、2色としてカウントできるのは盤面の自由度が上がり、戦いやすくなります。

パワーパンプも自ターン中のみとはいえ補正値が大きく攻勢を強力にサポートすることができます。

“夜更かしは今日だけ”白鷺千聖

登場時のトップ操作とユニークな『集中』です。

登場時に山札の一番上のカードを確認し、そのままか山札の一番下に置くことができます。
トップチェックの補助はもちろん、『集中』のサポートにもなりますね。

『集中』は舞台の色の数+1枚を捲ることができるものです。最大5枚ですね。単純にCXを捲る可能性が上がる強力なものです。
コスト自体は2レスト、サーチを行う『集中』です。

集中部分は「“モデル・モード”若宮イヴ」と同様です。
色やもう一つのテキストなどを元に使い分けましょう。


超越者 アインズ
自ターン中は11500までパワーを伸ばし、登場時の3ルックとアタック回数を増やすCXコンボを持っています。

自身でパワー10000を越えるのはよいですね。
リバース要求のあるCXコンボとも噛み合っています。
登場時の3ルックはたいおうCXはもちろん他のアタッカーなどを探しつつ手札を減らさない便利なものです。

CXコンボでは相手リバース時にコスト支払いでトップ盛りと控え室から「デス・ナイト」をリアニメイトできます。
「デス・ナイト」はスタンド状態で出てくるため、アタック回数を増やすことができます。
3コストということでアタックフェイズ初めにストックが0でも発動でき、このカードが圧殺されるのではなく手札に戻ってくるのも便利ですね。

リバースさせたキャラは山札の上に置かれるため、キャンセル率を下げることが可能です
新しく出てきた「デス・ナイト」はダイレクトアタックになりますし、他の面もクライマックスによりソウル2~、「デス・ナイト」によってサイド不可になっているので、相手のソウル減がない限りトップの1枚を確定1点にすることはできません。

対応クライマックスはカムバック(扉)アイコンの「〈心臓掌握〉」です。

惜しみない狂愛 アルベド
クライマックス使用時に自身1500パンプと手札を増やすCXコンボです。

CXの種類を問わず6000までパワーが伸びるのは使い勝手がよいですね。

CXコンボは相手リバースでサーチを行うシンプルなものです。
相手リバースは必要ですが、クライマックス込みで自身パワー7000スタートですし、好きなキャラを手札に加えることができるのも便利です。

対応クライマックスはトレジャー(宝)の「慈悲深き純白の悪魔」です。


頼りない自然の使者 マーレ
登場時トップチェックでの自身パンプと移動テキストですね。
登場に山札の1番上のカードを控え室に置き、そのカードのレベルが1以上ならパワー4000になります。
レベル0ではとても心強いパワーです。

相手アタックの前に、登場時と同様に山札の1番上のカードを控え室に置き、それが《ナザリック》《異形種》なら前列のキャラのいない枠に移動することができます。
相手キャラから逃げることでリバースさせるのを防ぎ、手札の消耗を抑えることができるテキストです。

負けん気溢れる名調教師 アウラ
全体1500パンプとクライマックスなどを必要としないクロックシュートを持っています。
前列にいるだけで盤面全体を強力に支援することができます。
自身もパワー11500になるのでクロックシュートも使いやすくなりますね。

クロックシュートはコストとして手札のキャラ2枚と考え無しに使うことはできませんが、クライマックスを必要とせず相手ターン中にも発動する汎用性のあるものです。
パンプテキストで盤面を固めて、アタックでの相手リバースもしくはチャンプアタックされればクロックシュートと綺麗にまとまっている1枚ですね。


美姫 ナーベ
ストックが2枚以下ならパワー3000,相手のドローフェイズの始めにトップチェックが成功すれば手札に戻ってきます。

ストック2枚以下ということで最序盤しか発動は難しいですが、常にパワーが出せるのはよいですね。
バニラサイズになることができます。

トップチェックはレベル1以上なら成功ということで一般的な構築なら半分程の確率で手札に戻ってきます。
盤面からいなくなることで手札の温存に繋げることが可能になる便利なテキストです。

英雄の中の英雄 モモン
『経験』で自身のパワーを伸ばし、手札を増やして自身を強化するCXコンボを持っています。
6000までパワーが伸びますね。
相手をリバースさせる必要があるCXコンボとよく噛み合っています。

CXコンボは相手リバース時が必要なものですね。
相手ターンの終わりまで自身のレベルを1、パワーを2500上昇させて、山札の1番上のカードが《人類種》《異形種》なら手札に加えることができます。
レベル参照の相討ちが通用せず、『経験』込みでパワー8500になるのはとても強力です。

対応クライマックスはリターン(風)の「伝説の幕開け」ですね。


黄金の姫 ラナー
前列中央キャラへの500パンプと、手札の増える『集中』を持っています。
前列中央のみですが常時パンプは便利ですね。

『集中』は単レスト、サーチの使いやすいものです。
青か《漆黒》キャラということで採用の際にはデッキ構成に気を配りましょう。

“青の薔薇”イビルアイ
登場時の回復と効果を選べるCXコンボです。

クロック回復は便利なものですね。

CXコンボは相手の圧縮を崩すか、相手にダメージを与えるかを選ぶことが可能です。
圧縮崩しは控え室から3枚を山札に戻すものですね。相手の山札の圧縮を確実に崩すことができます。
バーンテキストはハンド2枚を切ることで相手控えのCX分のダメージを与えるものです。
打点を弄ることは難しいですが、手軽に2点以上のダメージを飛ばすことができます。

状況に応じて効果的なものを選ぶのはもちろん、複数枚前列に並べて併用するのも強力ですね。

対応クライマックスはゲート(門)の「極大級魔法詠唱者」です。

鮮血の戦乙女 シャルティア
登場時相手前列キャラ1枚のパワーを500下げ、手札の増える『集中』を持っています。

相手のパワーを下げるテキストはリバースしやすくなるだけでなく、パワーが500のキャラに使うことで、間接的な除去としても扱えます。
このカード1枚ではパワー500以下に限りますが、厄介なキャラを除去することができるのは良いですね。

集中は単レスト控え回収の使い勝手のよいものです。

【関連記事】
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」Vol.2」を検索