詳細はこちら

子鬼を殺す者 ゴブリンスレイヤー
登場ターン中はパワー6000になり、手札を増やすCXコンボを持っています。

登場ターンのみとはいえパワーが出るのは便利ですね。
クライマックス込みで7000とリバース要求のあるCXコンボともよく噛み合っています。

クライマックスコンボはクロックを1枚増やして、キャラ2枚にバトル相手リバース時回収と相殺メタを付与するものです。
クロックこそ増えますが、1枚連動でも手札が2枚増える可能性がありますね。
パワーの高い面にテキストを振り分けて確実に回収できるようにするほか、置き相殺にも強く当たることが可能です。

対応クライマックスはカムバックアイコンの「殲滅の律動」です。


殲滅の律動
カムバックアイコンのクライマックスです。

「子鬼を殺す者 ゴブリンスレイヤー」の対応クライマックスになります。


ひよこみたいな女神官
レベル比例応援と、登場ターン中の『アンコール』メタです。

レベルによって補正値の変わる『応援』は低レベルキャラには恩恵が薄いですが、高レベルキャラの支援には大きく役立つものですね。

『アンコール』を封じるテキストはこちら側がパワーで勝っていなければあまり意味はありませんが、『アンコール』で盤面を維持しようと考えていた相手からするととても厄介でしょう。


親鳥みたいなゴブリンスレイヤー
自ターン中「ひよこみたいな女神官」が舞台にいればパワー10500になり、登場時には「ひよこみたいな女神官」を費開け質から登場させることができます。

自ターン中のみですが安定的に10000を越えるのは使いやすいですね。

「ひよこみたいな女神官」を登場させるテキストはストックの温存にも繋がり、レベル比例応援ということでこのカードもパワー1000補正を受けることができます。

【関連記事】
トライアルデッキ+(プラス) ゴブリンスレイヤー情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「トライアルデッキ+(プラス) ゴブリンスレイヤー」を検索