ナザリック地下大墳墓の主人 アインズ
登場時の3ルックと、レベル0のクロック相殺です。

登場時テキストはクロックこそ増えてしまいますが、手札を増やすことができるものですね。
山削りにも貢献することができます。

クロック相殺もレベル0のキャラであればパワーに関わらず確実に処理できる便利なテキストです。
『アンコール』などの控え室に置かれた時に発動する効果へのメタとしても機能します。

知謀の悪魔 デミウルゴス
自ターン中の全体1000パンプと、キャラ登場時のトップピーピングを持っています。

自ターン中のみですが、この段階ではとても強力なパワーパンプです。
相手をリバースさせやすくなるので、リバース要求のCXコンボと相性がいいですね。

トップ確認も操作こそできませんが何度も発動するもので、『集中』やトップチェックテキストの補助に大きく貢献します。


プレアデスのリーダー セバス
登場時の控え回収と手札入れ替えを行う『アラーム』を持っています。

登場時回収は所謂「朝礼」の控え室バージョンですね。
手札の枚数こそ変わりませんが、便利に使うことができます。

アラームはクライマックスフェイズの始めに1ドロー1ディスを行うものです。
手札の質の向上はもちろん、スタンバイアイコンのクライマックスを貼る前に出したいキャラを手札から控え室に置くといっった活用も可能ですね。


守護者の本質 アルベド
登場時1枚落としでのソウルパンプと、クライマックス使用時に手札に戻ってのパワーパンプです。

登場時のソウルパンプは運も絡みますが、レベル0でソウルを盛れるのは便利ですね。
もう片方のテキストで手札に戻ってくるので繰り返し使うこともできます。

手札に戻ってくるテキストは舞台を開けることになるので、スタンバイアイコンとの相性が良好です。
相手のターンの終わりまで持続するパンプも便利ですね。

【関連記事】
ブースターパック オーバーロード情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「ブースターパック オーバーロード」を検索