白鱗の美女 クルシュ
イベント使用時の1面1000パンプと、自己レストで相手のキャラ1枚をレストさせるテキストです。

パンプは相手ターンの終わりまで持続します。
パワーパンプを行うイベントはもちろん、システムイベントでパワーパンプの付いていないイベントでもパワーを挙げられるようになる便利なイベントです。

もう片方のテキストはこれのみでは特に意味を持ちませんが「誇り高き武人 コキュートス」「蜥蜴人最強の戦士 ザリュース」「巨腕の暴れん坊 ゼンベル」など、相手のレスト指定するキャラの補助を行うテキストですね。


凍りつく時
相手キャラ1枚がダメージを与えられないようにするカウンターイベントです。

山札を2枚削り、その中にクライマックスがなければテキスト付与はできませんが、1コストで「ホラー」互換として使える可能性があります。
もし失敗してもクライマックス以外のカードを2枚削ることでキャンセル率自体は向上していますね。


誇り高き武人 コキュートス
『経験』と相手の盤面を参照してパワーを最大14000まで伸ばし、登場時の回収と相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。

『経験』を意識する必要がある上に相手の盤面次第ですが、ここまでパワーが伸びるのは強力ですね。

登場時のテキストは手札を減らさず、他のアタッカーなどをつってくることが可能ね便利なものです。

CXコンボは5点とキャンセルさせる確率も高いですが、決まれば一気に相手を追い込むことができます。

対応クライマックスの「凍河の支配者」はドロー(本)アイコンですね。


異形の多頭水蛇 ロロロ
手札条件でパワー3500になり、退場時に手札を1枚切って特定キャラを回収します。

多パンするデザインではありませんが、手軽にパワーを維持することができますね。

退場時テキストは『絆』に似ていますね。
「蜥蜴人最強の戦士 ザリュース」は1/0アタッカーということで後続のアタッカーを確実に用意できるのは便利です。


蜥蜴人最強の戦士 ザリュース
『経験』と相手の舞台を参照してパワーを7000まで伸ばし、登場時に控え室からイベントを回収できます。

ノーコストでこのパワーを出せるのは強力です。
相手ターン中にももちろん発動するので、後列での起動能力の仕様やアタック順などを考慮させることになります。

登場時にはクロックを1枚増やすことになりますが、手札を増やすことにもなりますね。
「凍牙の苦痛」は相手キャラのスタンドを封じるイベントです。


“緑爪”族長 シャースーリュー
イベントを使用すれば相手リバース時にストブを行うテキストを獲得します。

「蜥蜴人最強の戦士 ザリュース」でイベントを回収できるので安定して運用できますね。
「凍牙の苦痛」は1コストイベントなのでその穴埋め的に考えることも可能です。


巨腕の暴れん坊 ゼンベル
『経験』と相手の盤面参照で最大パワー11500になります。

アタック時にこの程度のパワーになるカードは多いですが、このテキストの場合は相手ターン中もこのパワーになり得るのは強みですね。


凍牙の苦痛
相手のキャラのスタンドを封じて、山札の1番上のカードがレベル1以上なら手札に加えることができます。

相手キャラを排除こそできませんが、スタンドを封じることで次のターン相手に負担を強いることになります。
前列で処理できないキャラを処理するほか、後列キャラをスタンドできなくして『集中』などを封じるのもよいですね。
相手のレストしているキャラに比例してパワーを伸ばすキャラとの兼ね合いも良好です。

トップチェックこそ絡みますが、手札を補充できる可能性もありますね。
レベル参照ということでイベントも対象に取ることができます。


凍河の支配者
ドロー(本)アイコンのクライマックスです。

「誇り高き武人 コキュートス」の対応クライマックスになります。

【関連記事】
ブースターパック オーバーロード情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「ブースターパック オーバーロード」を検索