守護者の本領 シャルティア
登場時の同名キャラリクルートとユニークなCXコンボです。

登場時に1コストで同名キャラを並べられるのは使い勝手がよいですね。
3コスト手札1枚でレベル3キャラが2枚並ぶということで手札面ストック面ともに軽くなっています。

クライマックスコンボはアタック時1コストでダメージが通れば3点回復できるというものです。
ダメージ総量こそ増えませんが、キャンセルされなければ一気にクロックを回復させることができます。
キャンセルされてしまえばそれまでですが、自身で複数並べやすく期待値を大きく上げることができるようになっています。

対応クライマックスの「スポイトランス」はカムバック(扉)アイコンです。


ヴァンパイア・プライド
レベル0相殺と自身を控え室に置いての1面2500パンプを行います。

パワーに関わらずレベル0のキャラを討ち取ることができる相殺は役に立つものです。

自身コストのパワーパンプも補正値が大きく、自然に舞台を置くことで舞台の枠を自然に他のアタッカーに譲るとができます。

「吸血鬼の真相 シャルティア」で指定されているカードですね。


吸血鬼の真相 シャルティア
他のキャラが相手キャラをリバースさせたときのパワーパンプと、指定カードをクロックに置いての1ドローです。

他の自分のキャラがバトルに勝った時にキャラ1枚のパワーを1500上昇させることができます。
まず相手のキャラをリバースさせる必要はありますが、パワーの勝っている1面を起点にどんど泣いてのキャラをリバースさせたり、特に堅い相手キャラをパンプを集めてリバースさせるなど便利に使うことができます。

もう片方のテキストは控え室の「ヴァンパイア・プライド」をクロック置場に置くことで1ドローを行うものですね。
クロック1枚で手札を増やすことができます。
所謂「オカ研」互換に比べるとドローということで欲しいカードを確実に手札に加えることはできませんが、毎ターン、1ターンに3回まで使うことができます。


血の狂乱 シャルティア
他のキャラが相手キャラをリバースさせたときの自身パンプを持っています。

1回につき3000伸びるので1面でも7500、2面リバースさせれば10500と凄まじいパワーになります。

他のキャラが相手キャラをリバースさせる必要はありますが、特定のカードを必要とせずレベル1連動の横に据えてパワーを出すといった使い方ができるのは便利です。


スポイトランス
カムバック(扉)アイコンのクライマックスです。

「守護者の本領 シャルティア」の対応クライマックスになります。

【関連記事】
ブースターパック オーバーロード情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「ブースターパック オーバーロード」を検索