人間への称賛 モモン
トリガーチェック2回を行うテキストと、早出しメタ相殺ですね。

トリガーチェックを2回落とすテキストは1コストが必要になるのでストックブーストにはならないものですが、直前のアタックでトリガーしたカードをを控え室に置くことでクライマックスを始めとした控え室に置いておきたいカードを確実に控え室に落とすことができます。
ストックの数が変わらないのも便利ですね。

早出しメタ相殺も言わずもがな役に立つテキストです。


ジャンガリアンハムスター? ハムスケ
レベル1コスト0の1500助太刀ですね。


茫然自失 ナーベ
2つのデメリットを持つことでバニラキャラよりもパワーが1000高くなっています。

1つめのデメリットは相手ターン中に山札の1番上のカードを公開するものです。
CXだったならまだしも、キャラやイベントが見えてしまえば1ダメージを確定で貰うことになってしまいます。

2つめのデメリットはリバース時にボトムにおくられてしまうものです。
こちらは『アンコール』が使えない他、相手にデッキボトムを把握されてダメージを確定させられてしまう可能性もあります。


森の賢王
相手キャラ2枚をバウンスするイベントです。

バウンスということで再登場の可能性もあり根本的な解決とはいいにくいかもしれませんが、盤面を空けることができるのは強力ですね。
早出しはもちろんマーカー持ちなどの処理の他、ダイレクト面を作ることでのダメージブーストとして使うこともできます。


新たな伝説 モモン
相手のスタンドを封じるテキストと、再スタンドテキストを持っています。

自ターン中に相手キャラをリバースさせてコストを支払うことで相手キャラ1枚を次のターンにスタンドできなくさせます。
アタックで処理できなかった相手アタッカーを実質的に潰すことができますね。
自己レストでカウンター不可などを付与するような後列のキャラを指定して妨害を行うことも可能です。

再スタンドは登場ターン中に相手をリバースさせて発動するものです。
自身のキャラを1枚レストさせて相手の山札を3枚削り、その中にクライマックスがなければスタンドできるということで運も大きく絡みますが、コスト的には破格のものになっています。


終わりと始まり モモンガ
「終わりと始まり アルベド」へのクロック絆と1000パンプですね。

「終わりの始まり アルベド」はレベル1コスト0のキャラですね。
『絆』でレベル1アタッカーを手札に加えてパワーパンプを行うTDにはよくあるカードです。

【関連記事】
TD+「オーバーロード」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「TD+「オーバーロード」」を検索

【関連記事】
ブースターパック オーバーロード情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「ブースターパック オーバーロード」を検索