“蒼の薔薇”ラキュース
最大でパワー6000になり、退場時に3ルックを行います。

青か《漆黒》のキャラ1枚につきパワーが上がりますね。
素のパワーが4000なので最大6000までパワーが伸びます。

退場時の3ルックは手札の質を上げることができる便利なテキストです。欲しいカードが無ければ適当なカードを加えてそのまま控え室に置くこともでき、無駄がありません。


“青の薔薇”ティナ
アタック時の1面500パンプとレベル0ボトム相殺です。

アタック時パンプはさほど大きい者ではありませんが、自身に振ることもでき便利ですね。

ボトム相殺もレベル0のキャラを確実に処理できるほか、退場時テキストへのメタとしても機能します。


“青の薔薇”ティア
登場時1コストで同名カードを山札から登場させることができ、素のパワーが高い代わりにリバース時にボトムに行くデメリットを持っています。

手札を減らさずにアタッカーを盤面に並べることができるのは便利ですね。

デメリットは盤面にいる間には何も関係がありませんし、『アンコール』が使えなくなる程度なのでレベル0キャラではさほど重いものでもありません。


“青の薔薇”ガガーラン
登場時パワーを最大12500まで伸ばします。

最大パワーを出すためには盤面が埋まっている必要はありますが、レベル2コスト1で相手を選ばずこのパワーが出せるのは強力です。


アダマンタイト級冒険者
クロック回復イベントですね。

盤面に4枚以上青か《漆黒》のキャラがいる必要はありますが、1コストでクロックが減り、手札も減りません。
思い出に飛ぶのも僅かながら圧縮に貢献します。


深紅の蹂躙者 シャルティア
3回目にアタックすればパワー10000になり、手札アンコールを持っています。

毎ターン手軽にパワーが出せるカードですね。
相手ターン中はパワーが下がってしまいますが、手札アンコールで場持ちがよくなっています。


一緒に応援! 福田のり子
テキスト付与の『応援』と、2コスと自身レストでの控え室回収を持っています。

『応援』は、リバース時にストックが相手より少なければストックになることができるというテキストを付与するものです。
リバースされてもストックになることで損失を極力防ぐことができますね。
高いパワーラインを築くデッキとは相性がイマイチですが、レベル1CXコンボなどで返しがあまり期待できないデッキとの相性は良好です。

2コスト自己レストでの回収は便利ですが、一般的にはストック消費が嵩むものです。
とはいえこのカードは自身の効果でストックを捻出しやすいですし、積極的に使うことができるでしょう。


ダンシングスター! 舞浜歩
リバース時にトップチェックが成功すれば手札に戻ってきます。

トップチェックはレベル2以上ということで通常の構築ではさほど成功率は高くありませんが、成功すれば手札の消耗を抑えることができる便利なテキストです。
相手にこちらのデッキトップの情報を与えてしまうことには注意しましょう。


アイドル大好き 松田亜利沙
簡単にバニラサイズになり、同名キャラへの1000パンプを持っています。

複数展開複数採用が前提のカードですね。

2枚ならそれぞれ6500、3枚なら7500、後列にいても問題ありませんし、4枚並べばパワー8500になります。
レベル1では破格のパワーです。

他のアタッカーを採用する余地はありませんが、これに絞って構築すれば十分強力な盤面が形成できそうです。

【関連記事】
ブースターパック オーバーロード情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「ブースターパック オーバーロード」を検索

【関連記事】
BP「アイドルマスター ミリオンライブ!」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「BP「アイドルマスター ミリオンライブ!」」を検索