誘惑テクニック 百瀬莉緒
正面の相手キャラにアンコールを付与するデメリットと、起動能力を使ったときにストックブーストが可能になるテキストを獲得することが出来ます。

アンコールを付与してはしまいますが、2コストと使いづらいコストのものなのはよいですね。
3コストとほとんど変わりませんし、相手も躊躇いが勝るでしょう。

手軽にストックを伸ばすことができるのも強力です。
起動能力で使ったストックの補填と考えることも可能になっています。


旅路でのひととき 四条貴音
ソウル+2のクライマックスをトリガーしたときの手札交換と、2レストのサーチ集中です。

基本的に歓迎されるものではないソウル2トリガーを便利にしてくれるテキストです。
コストは先払い、手札は増えませんが、山札の上から2枚から好きなカードを手札に加えることが出来るのは便利ですね。

2レスト集中は単レストに加えると取り回しこそ微妙に劣りますが、『集中』としては何ら変わりません。

採用クライマックスに合わせて他の『集中』などと使い分けたいものです。


小さな勇気 篠宮可憐
自分のキャラがバトル相手をリバースさせたときの1面1000パンプと、クライマックスをサーチできるCXコンボです。

パンプテキストは盤面有利を加速させるデザインですね。
上手く使うことで、盤面争いを大きく有利にすることが可能です。
相手のパワーの劣るキャラでのチャンプアタックを牽制することも出来ます。

CXコンボでクライマックスを手札に加えることができるのはユニークですね。
山札からクライマックスを取ってくるということで圧縮の低下は避けられませんが、クライマックスを打つ回数を大きく引き上げることができます。
対応クライマックスをサーチすることでのクライマックスビートなども面白そうです。

対応クライマックスはストックブーストの「STANDING ALIVE」です。


サマースタイル 島原エレナ
登場ターン中はパワーを最大8000まで伸ばすことができますが、このカードがリバースすると、相手は1ドロー1ディスを行うことが出来ます。

パワーはもちろん魅力的ですが、デメリットが重いきらいは否めません。


ファンタスティックガール ロコ
使用時に手札を1枚捨てることで手札に返ってくる『助太刀』です。

1枚握ってしまえば、半永久的に『助太刀』を使えるのは強力ですね。
1ターンに数度使うこともでき、相手はギリギリのパワー差でのアタックをかなり躊躇うことになります。

補正値は1000と控えめ、通常の『助太刀』と比べると手札消費が発生しますが、純粋に『助太刀』を撃つということに関してはこれ以上ない1枚です。


STANDING ALIVE
ストックブーストのクライマックスです。

「小さな勇気 篠宮可憐」の対応クライマックスになります。

第7階層の守護者 デミウルゴス
レベル比例応援と、「死の支配者 アインズ」への疑似チェンジをもっています。

レベル応援は高レベルキャラへの支援にはもってこいですね。

疑似チェンジは自分がレベル3以上である必要があるので、早出しなどには使えません。
「死の支配者 アインズ」はレベル3コスト2のキャラなので、このキャラをコスト1で登場させて疑似チェンジでも1コストを支払うと考えると、リソースの節約などというよりも、『このカードを持っておけば「死の支配者 アインズ」と好きに交換できる』程度で捉えておくのがよさそうです。
レベル3のキャラを登場させやすくなるということで、便利なテキストですね。


無窮の献身 アルベド
登場時回復と、ダイレクトアタック時にコストを支払うことで相手にダメージを与えるテキストを持っています。

登場時回復は言わずもがな便利ですね。

ダイレクトアタック時のテキストはタイミングこそ限られてしまいますが、通常のアタック時1ダメージと比べてコストが軽くなっています。
「死の支配者 アインズ」が相手前列のキャラを一掃できるCXコンボを持っているので、組み合わせが想定されているのでしょう。


第1~3階層の守護者 シャルティア
登場時トップチェックでパワーを5000まで伸ばし、レベル1相殺を持っています。

トップチェックは絡みますが、通常のテキスト持ちレベル1コスト0キャラと張り合えるパワーになるのはいいですね。
失敗しても相殺の仕事をこなすことが出来るのは便利です。

【関連記事】
BP「アイドルマスター ミリオンライブ!」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「BP「アイドルマスター ミリオンライブ!」」を検索

【関連記事】
TD+「オーバーロード」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「TD+「オーバーロード」」を検索