波打ち際の女神 篠宮可憐
パワーとソウルを上昇させる『アラーム』を持った『助太刀』です。

《音楽》4枚以上という条件がありますが、パワー2000ソウル1を盤面外から付与することができるのは強力です。
『助太刀』の補正値は3000と通常のものと同じですね。

『助太刀』意外にも役割を持つことができるのはとても便利です。


サンシャイン・スマイル 島原エレナ
登場時に山札を2枚削るテキストと、山札の1番上のカードがクライマックスなら次の自分のターンまで思い出に行くというデメリットを持っています。

山削りはただ山札の上から2枚を控え室に置くだけですが、発動が任意で、控え室肥やしにもなります。
デメリットによって思い出から戻ってきたときにも発動します。

山札の一番上のカードがクライマックスなら思い出置場に行き、次の自分のターンのドローフェイズの始めに舞台に戻ってきます。
手札から出してもアタックできない可能性があるのは辛いですね。


ロッキンアイドル ジュリア
素のパワーが4000ある代わりに、自分の全キャラがリバース時にボトムに送られるようになってしまいます。

常時4000というパワーは魅力ですが、デメリットが大きいですね。
『アンコール』はもちろん「舞台から控え室に置かれた時」のテキストが使えなくなりますし、山札の圧縮も下がってしまいます。


放課後レッスン 愛城華恋
前列中央のキャラに500パンプ、《レヴュー》キャラが登場する毎に1面を500パンプすることができます。

中央のみとはいえ常にパワーパンプを行えるのはよいですね。
《レヴュー》キャラ登場時パンプは1ターンに3回までということで1面に集めて1500パンプにしたり、前列全体を500ずつ上昇させたりと柔軟に使うことができます。


放課後レッスン 神楽ひかり
自ターン中は簡単に7000までパワーが伸び、アタック時にトップ2枚を確認できます。

「他のあなたの《レヴュー》のキャラがいるなら」という非常に緩い条件でパワー7000が出るのは良いですね。
アタック時テキストの1枚目はそのままこのキャラのトリガーになるので確認できてもさほど意味はありませんが、2枚目は後続のトリガーになります。
事前にトリガーを確認できるのは便利ですね。


ランチタイム 露崎まひる
登場時に1コスト手札1枚で控え室からキャラを回収でき、1面を1000パンプすることができます。

手札の質を上げるとともにパワーを上昇させることが可能になっています。


そばにいた存在 露崎 まひる
登場時にトップチェック成功でストックブーストが可能なレベル0相殺です。

相殺はレベルパンプや【自】リバースメタなど抜け道も多いですがパワーに関係なく相手キャラを処理できるものですね。
登場時のトップチェックはレベル2以上ということで、一般的な構築での成功率はさほど高いとはいえませんが序盤にストックを増やすことができるのは優秀です。先行1ターン目からでも2ストックを貯めることも狙えます。


“情熱とキラめき”愛城華恋
登場時及び「“華、ひらくとき”神楽ひかり」によって登場した時のクロック回復と相手にダメージを与えるCXコンボです。

クロック回復は言わずもがな役に立つテキストですね。
「“華、ひらくとき”神楽ひかり」によるリアニメイト時にも発動します。

CXコンボは相手リバース時にコストを支払うことで相手に3ダメージを与えるものです。
「前列の中央の枠に「“情熱とキラめき”愛城華恋」がいるなら」という条件はこのカード自体は指定の枠にいなくても、同名カードが中央の枠にいればどの枠でもCXコンボを発動させることができます。
自身のパワーが1500上がるのも優秀ですね。

対応クライマックスは「“華、ひらくとき”神楽ひかり」と同じカムバック(扉)の「されど舞台は続く」です。


“華、ひらくとき”神楽ひかり
登場時に1コストで「“情熱とキラめき”愛城華恋」を控え室から登場させることができ、ユニークなCXコンボを持っています。

1コストで控え室からレベル3キャラを登場させるということで、手札とストックの両方を節約することができます。手札にいなくても重要なキャラを登場させることができるこのテキストはとても優秀ですね。
同様のクライマックスとCXコンボを持つキャラをリアニメイトできるためさらに使い勝手がよくなっています。

CXコンボでは1コストに加えて前列中央の「華恋」を控え室に置くことでこのカードが前列の中央に移動して相手に1ダメージを与え、相手ターン終わりまでパワー2000と『大活躍』を獲得します。
舞台のキャラをコストにしてしまいますが相手の盤面に関係なく1ダメ-ジを飛ばすことができ、単体パワー12000の『大活躍』を立てることが可能です。

同クライマックスでCXコンボを行うということで、前列中央に「“情熱とキラめき”愛城華恋」を置き、相手をリバースさせることができる面は「“情熱とキラめき”愛城華恋」、そうでない面にはこのカードを出してアタックを仕掛け、アンコールフェイズにはこちらのCXコンボを使うことで余すことなく活用できます。

【関連記事】
BP「アイドルマスター ミリオンライブ!」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「BP「アイドルマスター ミリオンライブ!」」を検索

【関連記事】
BP「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「BP「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」」を検索