“真夏の幻想”牧瀬紅莉栖&椎名まゆり
登場時にキャラ1枚のパワーを+1000し、他のキャラがリバースした時にもキャラ1枚のパワーを+1000します。

他のキャラへの支援に特化したカードですね。

登場時のパンプはパワーの必要な面を的確に支援できる便利なものです。
もう片方のパンプは、相手のアタック中に自身のキャラを自由に支援することができ、相手のアタックプランを崩したり、このカードがいることを念頭に置いてのアタックを強制させることが可能です。

ヴァイスシュヴァルツ 1月度ショップ大会(2019)

詳細はこちら


魅惑のメイド 幽奈
舞台全体にパワー+500、さらにクライマックス使用時に1面1000パンプを持っています。

舞台全体のパワーを底上げできるのはいつのタイミングでも便利ですね。
クライマックス使用時のパンプはパワーの足りない面や不安な面をピンポイントで強化でき、使い勝手がよいものです。

【ゆらぎ荘の幽奈さん】ブースターパック発売記念大会

詳細はこちら


“聖翔音楽学園99期生”大場 なな
自ターン中は緩い条件でパワー11000になり、レベル2以上のキャラをリバースさせると軽いコストで回収を行えます。

《レヴュー》2枚以上という条件はこのレベル帯ではほぼ確実に達成できるでしょうし、パワーが出せるのはもう片方のテキストとよく噛み合っています。
相手リバース時のテキストは、相手キャラがレベル2以上に限定されていますが、CXなどを必要とせず手軽に回収が可能です。
このタイミングだとフィニッシャーなどレベル3を握る用途が主になりますね。

【少女☆歌劇 レヴュースタァライト】ブースターパック発売記念大会

詳細はこちら