“ふたりの花道”花柳 香子
登場時に相手キャラを1枚手札に戻し自身2000パンプ、ショットを他のキャラに付与するCXコンボを持っています。

相手キャラを手札に戻すバウンスは盤面を固める相手には特に有効ですね。
前列の高パワーキャラや、後列で前列を強力に支援しているキャラを狙いましょう。
「このカードの正面のキャラのソウルを-1」などのテキストを持つキャラにも効果は大きいです。

CXコンボでは1コストと「香子」「双葉」ネームのキャラ1枚でこのカード以外の味方キャラすべてに2点ショットを付与します。
手札コストに条件こそありますがコスト自体は少ないので複数枚発動させやすく、2点ショットということで決定力の非常に高いレベル3キャラです。

対応クライマックスはリターン(風)アイコンの「最高の自分」です。


言葉の真意 花柳 香子
登場時に山札の上から2枚にレベル0以下のキャラがあればサイドアタックしてもソウルが減少しなくなり、フロントアタックされたターンのアンコールステップに「“ふたりの花道”花柳 香子」を登場させることができます。

不確定ではありますが、サイドアタックの欠点を帳消しにすることが可能なのは中~終盤では特に優秀です。
もちろん状況に応じてフロントアタックすることも可能ですね。

「“ふたりの花道”花柳 香子」を登場させるためには追加で1コスト払う必要があるので、ストックなどの節約には繋がりませんが、レベル2の段階から「“ふたりの花道”花柳 香子」を登場させることができます。
手札からの登場なのでバウンスと自身パンプが発動するのも便利ですね


私のキラめき 石動 双葉
登場時に2ドロー1ディスを行い、アタック時にコストを支払うことで1点バーンが可能です。

登場時テキストは他のレベル3キャラやクライマックスを手札に加える助けになります。

アタック時テキストは前列中央に「香子」ネームがいる必要があるかわりに、通常のもの(2コスト手札1枚など)よりもコストが軽減されています。
若干ながらパワーも上がりますね。


幼馴染との対峙 石動 双葉
全体500パンプに加えてクライマックストリガー時の1面1000パンプを持っています。

全体のパワーを底上げすることができるのはどの状況でも便利ですね。

クライマックストリガー時のパンプは不確定なものですが、相手にとっては思わぬ所からパワー1000が出てくることになります。
このカードを使うときにはアタックフェイズ中に1000パンプが行える可能性があることを考慮して、パワーの拮抗している面や助太刀でギリギリ返される恐れがある面のアタックなどを後回しにしましょう。


意地の張り合い
舞台の「香子」「双葉」ネームのキャラを1枚手札に戻し、控え室との手札入れ替えを行います。

このカードを手札から出しているので手札の総数自体は変わりませんが、相手キャラのバトル中リバース時テキストの発動を妨げることが可能です。
ついでに手札交換が行えるのも使い勝手がよいですね。


最高の自分
リターン(風)アイコンのクライマックスです。

「“ふたりの花道”花柳 香子」のCXコンボで指定されていますね。


乙女な反応 狭霧
登場時に1コストで同名キャラを山札から直接登場させ、アタック時に1ダメージを与えるCXコンボを持っています。

山札に同名カードがある必要はありますが、ストックと手札の両方を節約しつつレベル3キャラを並べることが可能です。

CXコンボは対応クライマックスを使っていればアタックするだけで1ダメージを与えることができるとても手軽なものです。
複数枚並べることで真価を発揮しやすいテキストなので、登場時テキストとよく噛み合っていますね。

対応クライマックスはゲート(門)アイコンの「瞳の中の私」です。


明かされた魅力 狭霧
クライマックスフェイズの始めにコストを支払うことで1面に3000パンプが可能で、手札の増える『集中』を持っています。

一つ目のテキストは山の圧縮を下げることになってしまいますが、「狭霧」に注目すると「乙女な反応 狭霧」を初めとして「友としての使命 狭霧」「こっちを見るな! 狭霧」など山札から特定のキャラを登場させる、つまり山札に特定キャラがいることが前提となるカードが多く、それらのカードの補助に活躍します。
パンプ値の大きさも魅力ですね。

集中は2枚レスト、山札の青のキャラをサーチするものです。
山札を削りつつ手札を増せる可能性があります。


こっちを見るな! 狭霧
自ターン中同名キャラがいれば最大12000までパワーが伸び、登場時にコストを支払うことで山札から同名キャラを直接舞台に出すことが出来ます。

舞台に同名キャラがいる必要があり、盤面のキャラ比例ではありますがこのパワーは魅力的ですね。
登場時テキストで同名キャラをコストを踏み倒しつつ登場させられるのも便利です。簡単に自身パンプの条件を満たすことができますね。


女神の光 狭霧
レベル比例の応援と特殊なパワーパンプテキストです。

レベル比例応援は高レベルキャラに対して強い恩恵を与えることができますね。

パワーパンプテキストは前列中央のキャラと同名のキャラすべてのパワーを500上げるものです。
「乙女な反応 狭霧」「友としての使命 狭霧」「こっちを見るな! 狭霧」など同名キャラを並べることになる「狭霧」デッキでは使いやすいテキストでしょう。


瞳の中の私
ゲート(門)アイコンのクライマックスです。

「乙女な反応 狭霧」の対応クライマックスになります。


“いつでもオンステージ!”春日未来
前列にいれば全キャラのパワーを1500上昇させ、アタック時にコストを支払っての1点バーンとアンコールを持っています。

全体のパワーラインを大きく引き上げることのできる強力なテキストですね。
自身も1500上昇してパワー11000になります。

アタック時のバーンは2コスト手札1枚とやや重いですが、CXや相手の舞台と関係なくアタック外のダメージを与えることのできるものです。
1ダメージということで派手ではありませんが、確実にダメージを刻むことができます。


“キラキラの星空”戸山香澄
登場時トップチェック成功なら1面に2000パンプを行い、レベル1相殺です。

相殺で厄介なキャラを対処しつつ、他の面のパワ-を上げてそちらもリバースさせようというデザインです。
パワーが必要ない相殺が他の面のパワーを上げることができるのはとても優秀ですね。

自分にパワーを振ることも可能で、その場合は4500までパワーが伸びます。


ゆらぎ荘の地縛霊 幽奈
登場時2枚落としでの自身パンプと1コスト手札1枚でキャラ回収とともに1面のパワーを+1000できます。

2枚落としは不確定ではありますが自身のパワーが大きく上がり、山削り・控え室肥やしにもなっています。
回収テキストは序盤では選択肢は決して広くはなりませんが、パワーパンプも付いてきます。
自身のテキストで控え室が充実するのも嬉しいですね。

3種トライアルデッキ+(プラス)発売記念大会

秋月律子&萩原雪歩&高山紗代子
登場時のトップ操作と相手との駆け引きを行うテキストを持っています。

相手は0~3のいずれかを宣言し、山札の一番上のカードがそのレベルのカードなら、そのレベル+1枚ドローすることができます。
成功すればコスト無しで手札を増やすことが可能です。
登場時のトップ操作によって駆け引きがさらに激しいものになりますね。


“突撃サンタ”戸山香澄
退場時に2コストで控え室からキャラを回収することができます。

登場時のものと比べると、すぐに使えないのは不便ですが、後続に必要なキャラを的確に手札に加えることが可能です。


魅惑のメイド 幽奈
全体500パンプとクライマックス使用時の1面1000パンプです。

全体500パンプはもちろん便利なテキストですね。
クライマックスを使ったときのパワーパンプは、パワーの必要な面を的確に支援することができます。

【関連記事】
BP「ゆらぎ荘の幽奈さん」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「BP「ゆらぎ荘の幽奈さん」」を検索

【関連記事】
BP「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「BP「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」」を検索