私のキラめき 神楽 ひかり
ストック2枚以上で3500までパワーが伸び、自身リバース時にトップチェックでの復帰テキストを持っています。

ストック2枚以下という条件は、ある程度ゲームが進むと維持は諦める方が無難ですが、レベル0のカードですし問題は無いでしょう。
レベル0でパワーを伸ばすテキストとしては管理のしやすいテキストでもあります。
復帰テキストはトップチェックが絡むものですが、アタッカーが残ることで手札を温存できるものです。


舞台少女の夏 神楽 ひかり
相手アタックフェイズの始めに前列のキャラのいない枠に動けるカードです。

「移動」テキストですね。
相手のキャラから逃げてリバースされないことで手札を温存しやすくすることが可能です。
相手はリバース時のテキストを持っているキャラを使いにくくなってしまいます。


追いかけっこ 愛城 華恋
前列中央の枠にいれば6000までパワーが伸び、ユニークなテキストで手札1枚をコストに4ルックを行います。

指定の枠にいるだけで常時6000になるのは便利ですね。

4ルックはマーカー獲得時に使えるテキストです。
このカード単体ではマーカーを得られませんし、テキストでも指定されている「追いかけっこ 露崎 まひる」との組み合わせで運用することになります。


追いかけっこ 露崎 まひる
「追いかけっこ 愛城 華恋」のアタック時にそのキャラがマーカーを持っていなければ、このカードをマーカーにして「追いかけっこ 愛城 華恋」にパワーを+1000します。

マーカーになったときに「追いかけっこ 愛城 華恋」は4ルックを行うことができるので必要不可欠なカードですね。
1000パンプもありますし、自分はリバース状態でもマーカーになることは可能なので無駄がありません。


断固たる決意 朧
クロック条件の早出し、登場時の回復と自身リバース時にコストを支払うことで手札に戻ってくることが可能です。

クロック条件の早出しは指定されているカードの使いやすさにも左右されますが、クロックフェイズなどで条件を能動的に満たしやすく使いやすいものです。
回復はもちろん重要なテキストですが、「クロックの下から1枚を」というテキストになっています。
早出し条件が消えにくいように配慮したものですね。回復としての役割自体は何ら変わりません。
自身リバース時には手札1枚をコストに手札に戻ってくるので、回復を繰り返し使うことが可能です。


新たな趣 朧
登場時の1面1500パンプと、自身リバース時の復帰テキストですね。

登場時パンプは通称「ショトカ」ですね。
1500ということで影響力も大きく便利に使うことができます。

復帰テキストはデッキトップがレベル2以上のカードなら手札に戻ってくるものです。
トップチェックは絡みますが、登場時テキストを再度使うことができ、手札の消耗も防ぐことができます。


手段を選ばず 朧
登場時1コスト手札1でのサーチと自身リバース時に思い出2枚以下なら思い出に飛びます。

サーチテキストは「朝礼」などと呼ばれるものですね。
汎用性の高い便利なものです。

思い出2枚以下という条件付きではありますが、ノーコストで思い出に飛ぶことができます。
このタイトルでは『記憶』が重要な上、圧縮などにも貢献しますね。


漆黒の転移門
相手の後列キャラのボトム送りとサーチを行うイベントです。

ボトム送りにできるキャラは「コスト1以下」なので、レベル応援を初めとしたレベル2後列も含めた大半の後列キャラを盤面から消すことができます。
サーチはボトム送りにしたキャラと同レベルのキャラをサーチするものですね。

「朧」ネームのキャラがいないとプレイできない点には気をつけましょう。


自慢の肺活量 北上麗花
条件の無い前列移動ですね。

今日公開された「舞台少女の夏 神楽 ひかり」と同様のテキストです。

“たくさんの思い出の品”山吹沙綾
他の《音楽》キャラアタック時にパワーが2000ずつ伸び、手札アンコールを持っています。

パワーは3パン目で10500になりますね。
2/1のキャラとしてはとても心強いものです。

返しは6500になってしまいますがアンコールでカバーできるようになっていますね。


ゆらぎ荘の風紀委員 狭霧
登場時トップチェックでの1点バーンと盤面参照の自身パンプです。

トップチェックでのバーンは「榛名バーン」などと呼ばれるものですね。
決して派手な能力ではありませんが着実に相手を追い詰めるテキストです。

自身パンプは最大2500が相手ターン終わりまで持つというものです。
行きはもちろん返しもパワーが出続けるのは優秀ですね。


※昨日載せ忘れたもの
ゆらぎ荘の猫娘 夜々
このカード以外はサイドアタック不可になり、自分がレベルアップしたときに自壊しますが、素のパワーが4000となっています。

行き返し問わずに4000が出るのは便利ですが、それ相応のデメリットを持っているカードです。

【関連記事】
BP「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「BP「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」」を検索

【関連記事】
BP「ゆらぎ荘の幽奈さん」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「BP「ゆらぎ荘の幽奈さん」」を検索

【関連記事】
TD+[Poppin’ Party]情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「TD+[Poppin’ Party]」を検索

【関連記事】
TD+「アイドルマスター ミリオンライブ!」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など

「TD+「アイドルマスター ミリオンライブ!」」を検索