「Dメール」デッキ

【炎扉】「Dメール」デッキ

レベル置場にカードが置かれたときに発動する「“世界線を超えて…”岡部 倫太郎」のリプレイ能力を、レベルアップ時以外にも「Dメール」や「“運命の歯車”牧瀬 紅莉栖」で発動させることで、継続的にアドバンテージを得ることを主軸においたデッキです。
レベル1連動として「“名助手”牧瀬 紅莉栖」を採用し、フィニッシャーはCX連動でのバーンを持つ「“特別な存在”牧瀬 紅莉栖」という構成になっています。

11/17更新 「【炎扉】「Dメール」デッキ」デッキのよく使われるカード・相性のいいカード解説・考察

“世界線を超えて…”岡部 倫太郎
「レベル置場にカードが置かれた時」という条件のリプレイ能力『運命石の扉の選択をする』を持っています。
1コストで山札の上から3枚を見て《ラボメン》のキャラもしくは「Dメール」を手札に加えるか、キャラ1枚のパワーを1500上げることが可能です。
レベルアップ時以外にも「Dメール」や「“運命の歯車”牧瀬 紅莉栖」、「“かけがえのない存在”椎名 まゆり」の起動能力で毎ターン、さらに「Dメール」はカウンターイベントでもあるため相手ターン中でもリプレイを使うことができ、1コストで手札を増やすことができます。
パワーパンプとしても使えるため、序盤から終盤までアドバンテージを稼ぎ続けることができるこのデッキのキーカードです。

Dメール
レベル置場入れ替えと1面に2000パンプを行えるイベントです。
自分ターン中でもパンプが行えるのは助太刀などにはない利点ですし、レベル置場入れ替えで「“世界線を超えて…”岡部 倫太郎」のリプレイ能力を起動させられます。
カウンターなので相手ターン中に使用し、リプレイと合わせて2000と1500のパンプを振り分けたり、手札を減らさずに山を削る動きも可能です。

“運命の歯車”牧瀬 紅莉栖
《ラボメン》全体への500パンプと起動でのレベル置場入れ替えです。
500パンプということで常に後列に置いておきやすく、起動能力で「“世界線を超えて…”岡部 倫太郎」のリプレイ能力を発動させてアドバンテージに繋げます。
レベル置場入れ替えを使うと自分のキャラ1枚のレベルを1上げることができ、相殺への対処にも活躍します。

“名助手”牧瀬 紅莉栖
手札の増えるCX連動を持っています。
バトル相手リバース時に対応CXがCX置場にあれば控え室から《ラボメン》のキャラか「Dメール」を回収し、キャラ1枚のパワーを+1000することができます。
イベントも回収でき後続へのパンプもある優秀なカードです。
対応CXはショット(炎)アイコンの「終わりと始まりのプロローグ」です。

“特別な存在”牧瀬 紅莉栖
自ターン中は緩い条件で11500になり、登場時の3ルックとCX連動でのXバーンを持っています。
登場時テキストは手札に加えるカードに制限がないため対応CX探しや他のアタッカー探しなどを行うことができます。
バーンはアタック時にストック2手札1を支払って自分のレベル3のキャラ分のダメージを与えるものです。リバースが不要でダメージ量をある程度自分でコントロールすることのできる有力な詰めテキストですね。
対応の「終わりと始まりのプロローグ」がカムバック(扉)アイコンなのも優秀です。

“運命の歯車”椎名 まゆり
所謂「オカ研」とはかなりテキストが異なるものの、ほぼ同じ効果を得られるカードです。
オカ研との違いは山削り・控え肥やしを同時に行う点と、クロック置場に置かれるカードを3枚の中からとはいえ選べる点ですね。
回収したかったカードがクロック置場に置かれてしまうことや控え室に回収したいカードが落ちていないなどの状況を回避することができます。

“ドクトルペッパリアン”牧瀬 紅莉栖
サイドアタック不可の代わりに素のパワーが5500のバニラサイズで、レベル置場にカードが置かれた時に自身のパワーが1500上がります。自動能力が発動すれば7000までパワーが伸びますね。
レベルアップ時はもちろん「Dメール」や「“運命の歯車”牧瀬 紅莉栖」のレベル置場入れ替えでもパワーが伸び、1/0のキャラとしては高い部類の7000というパワーをほぼ毎ターン出すことができます。
デッキの動きととても相性のよいサブアタッカーです。

新しいカード

11/17更新 「【炎扉】「Dメール」デッキ」デッキの優勝デッキレシピまとめ